2022年 9月 の投稿一覧

PS5は品薄のまま人気低下?PCが再びゲームの王者に

PS5やXBOXがどんどん高性能になり、ゲーミングPCとの境目が曖昧になりましたよね。

2~3年前は、「このままゲーミングPCはコンシューマー機に追いやられていくかな」と心配でした。しかし、どうやらその心配はなさそうです。

ここへきてゲーミングPCが再びゲーム機の王者に返り咲いていることが明らかになりました。

PSからゲーミングPCへ…ゲームのけん引役が交代

日本経済新聞の報道によれば、ゲーム市場の主役がゲーミングPCになりつつあるとのことです。

その理由としては、アメリカのゲーム会社の中でPC向けのゲーム配信事業を手掛けるケースが増えており、ユーザー数も合計1.3億人に達しているとのこと。

また、PS5でコンシューマー機に革命を起こしたソニーグループも、ゲーミングPC向けの周辺機器に力を入れ始めています。

具体的にはゲーミングギア専用ブランド「INZONE」を立ち上げて、ヘッドセットやモニターの販売を開始していますね。

公式サイトはこちら(http://www.sony.jp/inzone/)です。

PS5を手掛けるソニーといえば、ゲーミングPC業界全体のライバルのような存在。PS5は「コンシューマー機の皮をかぶったゲーミングPC」とも言えますから。

そのソニーがゲーミングPC向けの周辺機器に力を入れているということは、やはり今後のゲーム市場はゲーミングPCを中心に動くという証拠ではないでしょうか。

ちなみに、国内でいうとNECもゲーミングPC市場に本格参入しています。これまでNECはいわゆる「家電」としてのPCを販売してきましたが、ゲームを意識したPCに注力するのは初です。

なぜコンシューマー機からゲーミングPCへトレンドが移ったのか

こうした状況の背景には、PS5をはじめとしたコンシューマー機の品薄状態が解消されないことが挙げられます。

PS5は2020年11月の発売からもうすぐ2年が経とうとしていますが、いまだに抽選販売でしか手に入らない状態です。

つまり、ゲームをやろうにも本体がいつ入手できるかわからない状態。これは、ソフトの売り上げにも関わる非常事態です。

当初はコロナ禍や半導体不足など、種々の事情が重なりましたが、2年も経ってなお品薄というのは企業努力が足りないですね。

PSシリーズもSwitchシリーズも、どこかで品薄商法(意図的に製造・出荷数を絞り、品薄状態を演出してプレミア化させること)を狙っていた気がします。

本来、新しいハードを販売した直後は市場シェアを拡げることが第一のはず。その点でいえば、PS5は完全に失敗しています。

2年も品薄状態が続けば、大半の人は入手しやすいプラットフォームに移動してしまうでしょう。つまり、ゲーミングPCですね。

ゲーミングPCは価格の上下こそあれど、BTOメーカーが常に安定供給しているため、PS5よりもはるかに敷居が低い存在になっています。

昔は価格が高くマニア向けという印象でしたが、PUBGやフォートナイトなどカジュアルFPSの台頭で一気に身近な存在になっていますしね。

ゲーミングPCで全て事足りる

もっと端的にいえば、PS5を苦労して手に入れるよりも、中古ゲーミングPCとSteamにお金を払うことでPS5以上の満足度が得られてしまいます。

Steamはすでにゲーム配信市場の中核であり、そのタイトル数は1万を超えています。さらにスクエニやカプコンも、今後はPC向けソフトに注力していくことがほぼ確定しています。

一時はコンシューマー機の進化に押され気味でしたが、やはり全世界で共通したプラットフォームを持ち、大量のユーザーがいるPC市場は魅力的なようですね。

専用機に比べると開発もしやすく流通も楽なので、ゲーミングPC市場はどんどん拡大していくでしょう。

これからは「脱・専用機」の時代と考えれば、PS5に使う予定のお金をグラフィックボードに投じたほうが幸せになれるのかもしれません。

大容量=高性能ではない!80PLUS認証電源選びのコツ

PC向け電源の規格といえば「80PLUS認証」がよく知られていますよね。

一般的に80PLUS認証は、グレードが高いほど性能がよいとされています。また、容量が大きいほど価格も高いですよね。

しかし、本当に自分の環境にあった電源を見極めるためには容量や80PLUS認証のグレードのほかに、見るべき所があるのです。

最も重要なのは「変換効率」

変換効率という言葉をご存じでしょうか。変換効率とはコンセントから供給される交流(AC)を、PCで使える直流(DC)に変換するときの効率を指します。

この変換効率が高くなければ、いくら電源容量が大きくても非効率で品質が低い電源ということになるわけです。

80PLUS認証では、この変換効率によって決められているといっても過言ではありません。下記は、80PLUS認証のグレードと負荷別の変換効率です。

左から負荷率20%、50%、100%時の変換効率

・STAMDARD:80%、80%、80%
・BRONZE:82%、85%、82%
・SILVER:85%、88%、85%
・GOLD:87%、90%、87%
・PLATINUM:90%、92%、89%

このようにPC電源の変換効率は、中負荷時>低負荷時≧高負荷時の順に高くなっています。

なので、自分のPCの消費電力を把握し、その消費電力が容量の50%程度にくるように電源を選ぶと最も効率よく電気を使うことができるわけです。

例えば、消費電力が150W程度の構成で800W級の電源を選ぶと、容量の面では余裕があって安心できるものの、変換効率の面からはやや非効率です。

なぜならば、最も変換効率が良い中負荷時の部分を使えないからですね。150W程度の構成ならば、350~400W付近の容量が最適ということになります。

私は個人的に、まずPC全体のおおまかな消費電力を算出し、その1.7~2倍の容量を持つ電源を選ぶようにしています。

だいたいですが、CPUのTDP+GPUのTDP+50W程度で概算を出し、そこに1.7~2をかけると電源容量の目安が出てきますね。

変換効率意外に気にすべき点は?

容量と変換効率で大体の目星がついたあとは、グレードに注目します。

あくまでも私の場合ですが、80PLUS認証の中でもSILVERやGOLDあたりを中心に狙っています。この2グレードはどのメーカーからも複数の電源が出ているため、選択肢が多いからです。

また、よく売れるためかコストパフォーマンスが良い製品が多いように思います。

さらに保証期間の長さ、過去の評判、フルモジュラーかどうかなどが基準になってきますね。同じメーカーでもOEMの関係でシリーズごとに評判が変わるので、過去の評判はひととおり見ています。

最も、最近はどの電源でも外れを引くことは滅多にないのですが…、念のためですね。あとは、今後数年を見据えるならば12VHPWRに対応しているかどうかもポイントになりそうです。

12VHPWRは、まだ本格的に普及していないものの今後のATX電源で標準装備が進むであろう規格です。ミドルレンジ以上のGPUを使う機会が多いのならば、考慮しておいたほうが良いかもしれませんね。

ということで、80PLUS認証電源の選び方をまとめると、

  • 変換効率の面から負荷50%付近を狙って電源容量を選ぶ
  • SILVERとGOLDは選択肢が多いためおすすめ
  • 長く使うならば保証や評判、12VHPWRなども条件に含める

といった具合になります。ぜひ参考にしてみてください。

ゲーマーが重宝しそうなテレワークグッズ

コロナ禍とともに広がったテレワークの影響から、PC周辺のグッズが本当に増えました。

自宅で仕事をする機会が多い私は、テレワークグッズとゲーマー向けグッズに共通点を感じてしまい、よくネットで色々な便利アイテムを物色しています。

今回はその中から、「これはゲーマーでも重宝するだろう」と感じた商品の一部を紹介します。

ゲーマーでも重宝するグッズ4点

デスク下ラック

PCを頻繁に使うゲーマーならば、ルーターの置き場やUSBハブの配線に頭を悩ませることも多いですよね。

テレワークでも全く同じ需要があるようで、色々と便利グッズが販売されています。

例えば、デスク下にケーブルやルーターを収納する簡易ラックです。デスクに取り付けて下側に吊り下げるタイプのラックで、手が届く範囲にルーターやケーブルをまとめておきめあす。

LANケーブルを常に使用するデスクに設置すれば、かなりすっきりしますし狭いスペースも有効活用できる優れもの。

山崎実業というメーカーからこういった商品(https://www.amazon.co.jp/dp/B09BFFD8BB)が販売されていますね。

クランプ式USBハブ

あとは、クランプ式のUSBハブでしょうか。これはありそうでなかったタイプのUSBハブなのですが、デスクの天板に挟み込むクランプがUSBハブと一体化している商品です。

USBハブといえばデスクの足やラックの鉄材部分にマグネットで接着するタイプが多かったのですが、マグネットはズレますから。

クランプ式ならば、完全に固定できるのでズレませんし、安定感もあってUSBハブとしてぴったりかもしれません。

私はサンワサプライのこの商品(https://www.amazon.co.jp/dp/B0B5WJGJJP)を愛用しています。もう少し安く、モニターのベゼルに挟めるこちら(https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/400-HUB065BK)も結構便利ですね。

USBポート付きモニター卓上台

デスクの上にもう一段増やしてモニター台にしたいときは「卓上台」を使いますよね。

この卓上台にUSBハブ機能を一体化させたものがあります。これが思った以上に便利で、前述のクランプ式USBハブと合わせると快適そのものです。

例えばUSBメモリやスマホの充電用ポートなどに使えますし、加熱式タバコの充電も問題ありませんでした。

私はサンワダイレクトのこちら(https://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/100-MR039BK)を使用していますが、最近は他のメーカー製もよく見かけます。

スリープや離席中を防止する「マウスジグラー」

テレワーク関連グッズの中で、個人的に大ヒットだったのがこの「マウスジグラー」です。

マウスジグラーとは、外観は無線マウスの受信機のように極小の機器なのですが、PC側からは通常のUSBマウスとして認識されます。

ただし、ただのUSBマウスではなく「定期的にマウスポインタを動かし続けているマウス」という認識になるのです。そのため、PCに触れていなくてもスリープにならず、離席中にもなりません。

省電力設定はそのままにしておきたいが、スリープや離席中がうっとうしい…という方には最適かもしれないですね。

前述の卓上台やUSBクランプハブを使用して指しっぱなしにしておくと、テレワーク中に別PCでこっそりゲームをしている場合でもバレません。

ちなみにこういった商品(https://www.amazon.co.jp/dp/B08V4VCSFM)が有名です。

ビジネス向けなので低価格で無駄がない

こうしたテレワーク関連商品は、ゲーム向けではなくビジネス向けなので、外観や機能もシンプルです。

価格もそれほど高くありませんし、日常的に使用するにはもってこいのアイテムが多いと思います。

個人的にPC周辺機器は本体を除けばビジネス向けのほうが優秀だと思っているので、この機会にぜひテレワーク向けアイテムにも注目してみてください。

実はよくわからない「Intel EVO」の強み

超薄型ノートPCなどに採用されている「Intel EVO」プラットフォーム。最近は「Intel EVO」のロゴをよく見かけるようになった気がします。

しかし、個人的にいまひとつ「何が特徴なのか」がわからないプラットフォームだと感じています。そこでIntel EVOプラットフォームの強みについて調べてみました

公式情報によるIntel EVOの定義

ちょっと古い記事ですが、2020年9月にIntelから発表されたIntel Evoプラットフォームの内容をまとめてみます。

著名なIT系メディアである「IT media」で2020年9月10日に公開された内容をまとめると、以下のようになります。

・第11世代Coreプロセッサとともに登場
・Intelが過去に提供してきた「Centrino」や「Ultrabook」といったブランドと同レベルのもの
・ノートPCを主体に考えられており、ユーザーの使用体験を向上させる目的がある
・Intelの新しい内蔵グラフィック「Iris Xe」が標準採用されている
・以下5つの要件を満たす
「電源を問わずレスポンスが良いこと」
「9時間以上のバッテリー持ち(フルHDモデル)」
「1秒以内のスリープ復帰」
「30分の充電で4時間駆動(フルHDモデル)」
「Wi-Fi 6(Gig+)とThunderbolt 4の実装」

物理的に画期的な工夫があるわけではなさそう

CPUのスペックなどには言及がありませんでしたが、要は「起動が速くてバッテリー持ちがよく、Wi-Fi 6(Gig+)とThunderbolt4に対応した薄型ノートPCブランド」ということでしょうか。

おそらく最大の売りは、「いつでもさっと使えてバッテリーの持ちが良いこと」なのだと思います。

モバイル向けの第11世代Coreシリーズといえば「Tiger Lake」ですが、これと抱き合わせる形で登場したので、PCI Express 4.0にも対応していますね。

ちなみに「Iris Xe」という内蔵グラフィックスは通常の「Iris」よりも演算ユニットが5割ほど多く、動作周波数も高めです。

ちなみにIris Xeは通常のCore iシリーズでいえばCore i5の内蔵GPUよりも性能は上です。なので、Intel製の内蔵グラフィックスとしてはかなり高水準なもの。

しかし、個人的な感想を言えば「Tiger Lake」の強みがほとんどで、あとは通常の薄型ノートPCとあまり変わらないのでは?と感じました。

例えば2019年ころに発表されたゲーミングノートPC向けの規格「MAX-Q」のように、ハードウェアレベルで最適化が行われるといった類のものではなさそうです。

MAX-Q化されたGPUは低発熱・低消費電力化が進み、ノートPCのシビアな排熱環境でも一定のパフォーマンス確保する工夫がありました。

Intel Evoプラットフォームにはそういった工夫はあまり見られず、どちらかといえば「ライトユーザー向けに、よりノートPCを扱いやすくする」ための規格のように見えます。

おそらく独自GPU「Arc」の前振りではないか?

ところがより情報を探っていくと、2021年の終わりごろからIntelの独自開発GPU「Arc」を組み込んだIntel EVOが登場しているようですね。

CPU+GPU+プラットフォームをすべて自社製にすることで、パーツ同士の連携が最適化され、超薄型でもそれなりの性能を持つゲーミングノートが生まれるのかもしれません。

実際にArc3を搭載したIntel EVOプラットフォーム製ノートPCは、GTX1060 3GBクラスの性能を持つのだとか。

2022年の基準で言えばロー~ミドルレンジの境目くらいですが、超薄型かつ9時間以上のバッテリー持ちでこの性能なら、結構画期的です。

ということで、おそらくIntel EVOは、Arcありきのプラットフォームなのではないか?という結論に落ち着きました。今後も引き続き情報を追って行きたいですね。