Core i5はもう古い?ゲーミングPCのCPUはCore i7を選ぼう

オンラインゲームはCPUの性能が重要になってきました

少し前まではゲーミングPCにおけるCPUの重要度は高くありませんでした。「グラフィックボードだけ高性能にすればいいよ」「CPUなんかよりも電源にお金をかけるべき」「Core i7?いやいや、Core i5のほうがいいから」なんて言われていました。

しかしこれからは違います。オンラインゲームには高性能なCPUが欠かせなくなります。2015年はCore i5でも良かったかもしれません、でも2016年以降はCore i7が必要になります。

INTELとAMDのCPUはどっちを選ぶべきか

Core i5やCore i7の話をする前に、まずはCPUメーカーを選ばなければなりません。世界的に人気なのはINTELです。Core i5とCore i7はINTEL製です。対抗馬はAMDです。AMDのCPUはRyzenシリーズが有名です。

ゲーミングPCの場合、AMDはおすすめしません。AMD Ryzenシリーズはとても安くコスパもよいのですが、ゲーム用途はINTEL製のほうが優れています。動作周波数の高さが影響しているのか、ゲームのフレームレートはINTEL Core i7等のほうが高くなるのです。

そもそもゲームに16コアや20コアなんて必要ありませんし。だから8コア8スレッドのCPUが充実していてゲームとの相性も良いINTEL CPUのほうがおすすめです。

Core i5よりCore i7をおすすめするたった1つの理由

Core i5とCore i7を比較してみると、性能が高いのはCore i7です。そして価格が高いのもCore i7です。以前はCPUがゲームに与える影響は少なかったのですが、近年はCPUの性能差がはっきりと出ます。

特に古いCPUを使っていると、同じグラフィックボードを搭載していても半分くらいのフレームレートしか出ないことがあります。アーキテクチャが新しいほうがゲームに最適化されているのでしょう。だから最新で高性能なCPUを使ったほうがいいです。

また2015年に状況が一変しました。最新オンラインゲームの推奨スペックにCore i7以上が求められるようになったのです。Core i5ではスペック不足です。どんなに良いグラフィックボードを使ったとしてもCore i5が足を引っ張ってしまいます。

だから私は今ゲーミングPCを買うなら、CPUはCore i7をおすすめします。今はまだCore i7を求めるゲームが少ないものの、確実にCore i7を要求するゲームが主流になります。(もちろんより良い環境でプレイしたいならCore i9を選んだほうがいいです。)

例えばすでに以下のゲームはCore i7 CPUが推奨スペックになっています。

  • FF15
  • BattleField 1
  • MHW
  • Anthem
  • CoD:MW

どれも人気ゲームです。特にCoD:MWはCore i7-8700Kというかなり新しいCPUを推奨しており、Core i5ではカクカクする可能性が非常に高いです。これからオンラインゲームを快適に遊びたいなら、Core i5を選ぶのは高いリスクが伴います。Core i5も新しいCPUがどんどん出て性能が向上しているとはいえCore i7に及ばないことは間違いなく、ゲーミングPCならCore i7かCore i9を選ぶべきです。

最新世代を選んだほういい

Core i7のCPUを選ぶことが決まっても、まだその先があります。CPUには世代があります。今はCore i7-9000シリーズの「Coffee Lake」が主流です。でもしっかり調べてみるとCore i7-8000シリーズ搭載モデルも一部販売されています。ではどっちを選ぶべきでしょうか。

性能に関してはCore i7-9000シリーズのほうが圧倒的に上です。性能が向上したのにTDP(熱設計電力)はそのままで、つまり同じクロック数でも消費電力が少なくなり、熱を抑えることに成功しています。

もちろん古い世代であるCore i7-8000シリーズを選ぶのもいいですが、私は最新のCore i7-9000シリーズをおすすめします。Core i7-9700とかCore i7-9700Kとかですね。

ゲーミングPCはCPUの性能が足りなくなるのが最も厄介です。そもそもゲーミングPCを買い換えるタイミングってCPUが性能不足になってフレームレートが出なくなったらです。グラフィックボードに比べてCPUの交換は面倒ですからね。

だからこそ最初からCPUは高性能なものを選んでおくべきです。古い世代よりも新しい世代のほうがゲーミングPCが長持ちしますよ。

Core i7-9700とCore i7-9700Kの違い

ということで、おすすめはCore i7-9700とCore i7-9700Kです。G-Tuneのデスクトップの多くはこれらのCPUを搭載しています。NEXTGEAR-MICROはCore i7-9700、NEXTGEARはCore i7-9700Kです。

両者の違いは動作周波数です。Core i7-9700が最大4.70 GHzなのに対し、Core i7-9700Kは最大4.90 GHzです。定格クロックもCore i7-9700Kのほうが遥かに高く、ゲームだけでなく普段使いにも良い影響を与えます。ただTDPは上がってしまうので良いCPUクーラーを選んであげたいです。

ノートでもデスクトップ用CPUが使える

ゲーミングノートPCもCore i7を選んでください。でも同じCore i7でもデスクトップとノートとでは性能に大きな差があります。どうしてもノートのほうが貧弱なCPUになってしまいます。熱問題があるので仕方がないでしょう。

と思っていたら、Core i7-9750Hはターボブーストで最大4.5GHzまで動作周波数が向上することがわかりました。これなら最新ゲームも遊べる性能です。

G-Tune x G-GEEKコラボPCはいつでも最安値!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも最大4万円も安いモデルがあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら