2022年 1月 の投稿一覧

Wifi7で有線は不要になるのか?

Wifiの新しい規格「Wifi7」が2022年1月に発表されるようです。従来のWifi比で最大24倍と言われる速度が注目を集めているようですね。

もしWifi7が本当にスペック通りのものならば、もはや有線LANは不要なのかもしれません。

Wifi7の具体的なスペック

2021年12月時点でWifiの最新規格は「Wifi6(IEEE802.11(ax)」です。つまり6世代目。

ただし、そのひとつ前のWifi5がまだまだ主流ですが、Wifi6も普及しきっていない状態です。

ちなみにWifiの世代別スペックをまとめると次のようになります。

規格 最大速度
Wifi6 IEEE802.11(ax) 9600 Mbps
Wifi5 IEEE802.11(ac) 6900 Mbps
Wifi4 IEEE802.11(n) 600 Mbps
第三世代Wifi(IEEE802.11 g) 54 Mbps
第二世代Wifi(IEEE802.11 b) 11 Mbps
第一世代Wifi(IEEE802.11 a) 54 Mbps

このようにWifiは規格が新しくなるごとに(ナンバリングが進むごとに)高速化が進んでおり、Wifi7も当然高速になります。

2022年1月の発表はまだですが、現時点ではWifi7は次のようなスペックになるようです。

・Wifi7(IEEE802.11 be)…最大転送速度30~40Gbps(予想値)

一説には半二重の30Gbpsであるため、最大転送速度は実質15Gbpsになるとも言われていますが、それでも非常に高速です。

有線LANが全二重の10Gbpsであることを考えると実質15Gbpsでも全く問題ないですね。そもそも自宅に引き込まれているインターネット回線の速度自体が1Gbpsも出ていないのが現状ですし。

気になるのは「実使用上の速度」

実は、Wifiが有線LANよりも速いという流れは、今に始まったことではなく、Wifi4のころから言われ続けてきました。

Wifi4の時代は100Mbpsがインターネット回線の主流であり、これを6倍も上回る速度ということで話題になったのです。

しかし、実際には有線LAN接続のほうが安定しており、使いやすいものでした。これはWifi6も同じで、今でもやはり有線LANの速度と安定性は非常に優秀なのです。

Wifiは、遮蔽物や家電からのノイズ、複数の端末での処理などで処理が低下しやすく、安定性も有線LANに劣ります。

規格上の最大値がいくら上がったとしても、もっと根本的なところで技術革新が起こらなければ、有線LANの代替にはならないでしょう。

それでもギガビットの通信速度が当たり前になったのは、大きな進歩です。

元の回線速度が1GbpsでもWifi6、7は意味がある?

一般的に光回線の速度が1Gbpsであっても、屋内のWifiは数十M程度、というケースが珍しくありません。

こういった状態であれば、Wifi6や7にすることで光回線⇒Wifiの速度低下を緩和することができるでしょう。

日本では、2021年12月時点でWifi6すら安定していない(鉄板といえるルーターが無い)ので、もう2年くらいはWifi5でも問題なさそうですけどね…。

私の自宅は、光回線の1Gbps契約で実際の速度が300~500Mbpsですが、Wifi5対応のルーターを使用しています。速度面で不満を感じたことは一度もないですし、遅延もありません。

ただやっぱり、FPSなどをプレイする際には有線LANのほうが速度・品質ともに上ですね。参考にしてみてください。

Windows11が気に入らないときの10への復帰方法

Windows11が登場してから数か月がたちましたが「やっぱり微妙」という方が増えているように思います。

原因は、PCゲーマーにとって特に目新しい機能が無いことや、Windows10がそれなりに成熟していることなどでしょうね。

そこで、Windows10に復帰する方法を整理しておきたいと思います。

Windows11は比較的簡単に10へ戻せる

これまでWindowsはアップグレードに関する機能はあったものの、ダウングレードにはあまり配慮されていませんでした。

しかし近年はバージョンが上がるたびに「旧バージョンへ戻したい(ダウングレードしたい)」という要望が増えており、過去にもWindows7の再評価などがありましたね。

こうした要望を受けてなのか、Windows11にはWindows10に戻すための機能が用意されています。

具体的な方法はつぎのとおりです。

Windows11からWindows10に戻す方法

1.スタートメニューから「設定」をクリック

2.システム項目から「回復」を選択してクリック

3.回復オプションの中から「復元」を選択してクリック(Windows10への復元オプションです)

4.次の画面で「Windows10に戻す理由」を問われるので「その他」などを選択して「次へ」をクリック

5.アップデートチェックを省略(行わない をクリック)

6.復元に関する注意事項を確認して「次へ」、ログアウトについての注意事項を確認して「次へ」

7.Windows10への復元を実行「Windows10に復元する」をクリック

これでWindows11から10に復元できますね。以前からWindowsに存在していた「復元」オプションでダウングレードするという、やや変わった方法です。

ただし、無制限にWindows10に戻せるわけではありません。

Windows10に復帰する場合の注意点2つ

以下2つの場合は、Windows10に戻せなくなるので注意しましょう。

1.「Windows old」を削除している
このWindows oldは、OSのバージョンアップを行った際に作成されるファイルで「旧OSの情報」を保持しています。

非常にサイズが大きいため、「不要であれば削除」というノウハウを伝授しているサイトもあるのですが、Windows10への復帰に関してはNGです。

このファイルがなくなってしまうと、ダウングレードができなくなります。

2.Windows11へのアップグレードから10日が経過している
復元オプションによるダウンクレードは、どうやら「10日」という期限が設けられているようです。

10日が経過した時点で、回復オプションの「復元」がグレーアウトされてしまいますね。

ただ10日というのは少し厳しい、というか短すぎる気がします。実際、私のもとに寄せられた相談でも10日は余裕で過ぎてからのものが多かったです。

10日経過後にWindows10に復帰するには?

もし11のインストールから10日以上経過したあとに10に復帰したくなった場合は「再インストール」が必要ですね。

Windows10の本体ファイルとプロダクトキーで新規にインストールするわけです。一般的なOS再インストールと手順は同じですので、特に問題なく進められるでしょう。

ちなみにWindows10の本体ファイルは、マイクロソフト社の公式ページ(https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10)から入手できます。

以前のようにリカバリディスクなどが必須なわけではないので、落ち着いて進めてみてください。