FF14に最適なグラボとおすすめゲーミングPC

FF14:漆黒のヴィランズで重くなりました

FF14→FF14:新生エオルゼア→FF14:蒼天のイシュガルド→FF14:紅蓮のリベレーター→FF14:漆黒のヴィランズと繰り返される大規模アップデートにより、FF14はどんどん重くなっています。これはベンチマークスコアを見ると明らかで、「あれ、以前はこれくらいのスコアが出ていたのに、漆黒のヴィランズだとスコアが伸びない」なんてことになっています。

その原因のひとつにDirectXがあります。蒼天のイシュガルドはDirectX9とDirectX11を選べたのですが、漆黒のヴィランズはDirectX11固定になりました。グラフィックは綺麗になったものの、少し重くなってしまいました。

FF14におすすめのグラボ

では漆黒のヴィランズをDirectX11で快適にプレイするには、どんなグラボが最適でしょうか。最新のベンチマークで明らかになったのは、GeForce GTX1050Ti以上が必要だということです。

ただ、GTX1050Tiでは最高画質で遊ぶのはちょっと難しく、ベンチマークの評価が結構ギリギリです。だから街中でもボス戦でも60fpsを出したいならGeForce GTX1060やGTX1070のほうがおすすめです。

FF14におすすめのG-TuneゲーミングPC

幸いなことにG-TuneにはFF14推奨PCがあります。G-Tuneの社員さんがFF14を実際にプレイして、「このゲーミングPCならおすすめできる!」と判断したものだけがFF14推奨PCになっています。だからよくわからずに適当にゲーミングPCを選ぶよりも、FF14推奨PCを選んだほうが失敗しません。

G-Tune PM-B

グラボ : GeForce GTX1660 SUPER(6GB)
CPU : Core i7-9700(8コア/最大4.70GHz)
メモリ : 8GB(PC4-21300)
容量 : 256GB NVMe SSD + 1TB HDD

おすすめはGeForce GTX1660 SUPERを搭載したデスクトップです。元々は紅蓮のリベレーターの推奨PCですが、このスペックなら漆黒のヴィランズも最高画質で遊べます。しかも業界トップクラスにコスパ抜群です。まさにFF14のためのゲーミングPCです。


G-Tune HN-Z

グラボ : GeForce RTX2070 SUPER(8GB)
CPU : Core i7-10700K(8コア/最大5.10GHz)
メモリ : 16GB(PC4-21300)
容量 : 512GB NVMe M.2 SSD + 2TB HDD

FF14が今後さらに重くなる可能性を考慮すると、GeForce RTX2080 SUPERのグラボのほうがおすすめです。FF14がどんなに重くなったとしてもRTX2080 SUPERなら最高画質でもヌルヌルです。FF14以外の最新オンラインゲームだって快適です。長くFF14をプレイするつもりならこちらを選びましょう。(RTX2070 SUPERからRTX2080 SUPERにカスタマイズできます)


G-Tune E5-144

グラボ : GeForce RTX2060(6GB)
CPU : Core i7-10875H(8コア/最大5.10GHz)
メモリ : 16GB(PC4-21300)
容量 : 512GB M.2 SSD

ゲーミングノートPCでもFF14をプレイできます。G-TuneにはFF14推奨ノートPCもありますがすでに売り切れています。代わりにおすすめしたいのがこのゲーミングノートPCです。

大人気のGeForce RTX2060を搭載しています。最高画質だと密集した場所で少しフレームレートが落ちるので、標準画質か高画質に設定しましょう。FF14はマップからマップへの移動が多いので、SSDのおかげで読み込み時間を短縮できますよ。


G-GEEKおすすめPCはいつでも最安値!

当サイト「G-GEEK」からG-Tuneおすすめモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも1万円以上安いモデルがあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら