15万円で買えるG-TuneのおすすめゲーミングPC

G-Tuneなら15万円の予算で大満足のゲーミングPCが買える

ゲーミングPCで最も人気の価格は15万円です。多くの人は15万円のゲーミングPCを買っています。とはいったものの、予算配分は考えなくてはいけません。グラボを優先するのか、あるいはカスタマイズもしっかりやるのか・・・。

あなたがやりたいことをまずまとめてみましょう。重いオンラインゲームをやるなら当然グラボ優先です。GeForce GTX1060よりもGTX1070のほうがおすすめです。GTX1070ならFF14はもちろん、黒い砂漠だってサクサクです。

15万円ならSSDを優先してカスタマイズしたい

カスタマイズする場合は、まずSSD追加が最優先です。GeForce GTX1070に240GB SSDを入れると15万円をオーバーしてしまいますが、ここはなんとか予算を捻出して欲しいところです。

GTX1060なら240GB SSDにDVDドライブ、CPUファン、CPUグリスと快適性をアップし、さらにゲーミングPCを長く使うためのカスタマイズが可能です。ただし、最高級電源ユニットへの変更は15万円だと無理です。

15万円のG-TuneゲーミングPC

あくまでも税抜き価格ではなく税込み価格を前提とします。もっといえば配送料まで含んだ最終的な価格が15万円になるようにします。ゲーミングPCは高額ですから、消費税が馬鹿になりません。その上で15万円で買えるG-TuneのゲーミングPCをご紹介します。

G-Tune EM-A

グラボ : Radeon RX 5700(6GB)
CPU : Ryzen 5 3600(6コア/3.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 512GB SSD

GeForceではなくRadeonを搭載した珍しいゲーミングPCです。軽いゲームからやや重いゲームまでカバーできる性能です。具体的にはFF14、PSO2、MHF、ドラクエ10、基本無料系FPSがサクサクになります。

初期構成だと15万円にまだ余裕があるので、CPUグリス、DVDドライブを追加しましょう。ストレージ容量を増やすのもいいでしょう。SSDはゲーミングPCを爆速に、CPUグリスは熱対策に役立ちます。これでも15万円以内って激安ですよね。


NEXTGEAR-MICRO im620SA5

グラボ : GeForce GTX1660(6GB)
CPU : Core i5-9400(6コア/最大4.10GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 :256GB NVMe SSD

最新ゲームや重いゲームをやる方にはGeForce GTX1660搭載デスクトップがおすすめです。GTX1060よりも格段に高性能です。黒い砂漠、BF1、オーバーウォッチなどハイスペックが求められるオンラインゲームに最適です。

メモリとストレージはカスタマイズしたいですね。せめて予算オーバーしたとしても必ずHDDは入れましょう。1TBか2TBがおすすめです。


G-Tune P5

グラボ : GeForce GTX1650(4GB)
CPU : Core i7-9750H(6コア/最大4.50GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 : 256GB NVMe SSD

ゲーミングノートPCは悩ましいです。GTX950Mだとスペック不足、GTX1050でも動かせないゲームが出てきています。だから一番のおすすめはGTX1650です。

G-TuneではGTX1650にCore i7、8GBメモリ、NVMe SSDというなかなかのパーツ構成なのに15万円以下で買えるノートPCがあります。メモリ16GB、512GB NVMe SSDへのカスタマイズをおすすめします。


G-GEEKおすすめPCはいつでも最安値!

当サイト「G-GEEK」からG-Tuneおすすめモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも1万円以上安いモデルがあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら