30万円で買えるG-TuneのおすすめゲーミングPC

30万円なら次世代パーツの爆速PCが手に入る

25万円と30万円とではゲーミングPCの性能に決定的な差があります。一見同じパーツを搭載していたとしても、実際の速度は2倍以上になります。だからオンラインゲームはもちろん、動画編集や配信をする際にヌルヌル度が段違いになるのです。

なぜそんな性能差が生まれるのか不思議ですよね。その秘密はパーツの性能にあります。30万円クラスになると必ず高性能なCPUとグラフィックボードが搭載され、さらにSSDは通常よりも数倍も高速なNVMe SSDが必ず採用されています。すべてのパーツが優秀になることにより、足を引っ張られることなくすべてのパーツが100%の性能を発揮してくれるわけです。

30万円のグラボはRTX2080 SUPERがおすすめ

GTX10シリーズでは最強のグラフィックボードはGTX1080Tiでした。だから最強のゲーミングPCが欲しい場合は、GTX1080TiかGTX1080Ti SLIのようなハイエンドデスクトップを選ぶのが普通でした。

しかしRTX20シリーズが発売されたことで状況が一変します。RTX2080 SUPERはGTX1080TiやGTX TITAN Xを遥かに上回る性能を持っています。しかもRTX2080 SUPERやRTX2080Tiはコスパ抜群のため、すでにGTX1080Tiを選ぶ意味がなくなったのです。だからRTX2080 SUPERを軸に他のパーツをどこまでハイスペックにするかを考えましょう。

30万円のG-TuneゲーミングPC

幸いなことにG-TuneにはハイエンドゲーミングPCが揃っています。しかもデスクトップだけでなくノートもです。本当におすすめできるものだけを厳選してみました。

G-Tune HP-Z

グラボ : GeForce RTX2080 SUPER(8GB)
CPU : Core i9-10900K(10コア/3.70GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 512GB NVMe SSD

税抜きだと27万円ですが、RTX2080 SUPERにカスタマイズすると30万円になるデスクトップゲーミングPCです。

グラフィックボード以外をカスタマイズすると30万円を越えてしまうのですが、せめて2TB HDDか3TB HDDは追加したいです。容量不足は深刻な問題になりますからね。


G-Tune HN-Z-DL

グラボ : GeForce RTX2080Ti(11GB)
CPU : Core i7-9700K(8コア/3.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-21300)
容量 : 512GB NVMe SSD

もっと高性能なゲーミングPCが欲しい場合は、最強性能のRTX2080Ti搭載デスクトップをおすすめします。ゲーム用途ではこれよりグラフィック性能の高いGPUはありません。

また普段遣いの快適性を重視しているのか、NVMe SSDが採用されています。とんでもなく高速な読み書きを実現してくれるため、すべてが爆速になります。30万円で購入するゲーミングPCとしては最も現実的だと思います。


G-Tune H7

グラボ : GeForce RTX2080(8GB)
CPU : Core i9-9900K(8コア/最大5.00GHz)
メモリ : 32GB(PC4-21300)
容量 : 1TB NVMe SSD

ゲーミングノートPCにもハイエンドクラスがあります。なんと超高性能なRTX2080が搭載されたゲーミングノートPCがG-Tuneから発売されました。しかも有機EL液晶です。

RTX2080は当然RTX2060やGTX1660よりもハイスペックです。今のところRTX2080のように高性能なグラフィックボードを推奨するPCゲームはまだ出てきていません。だからすべてのゲームを遊べることを意味しています。メモリ容量がたっぷりで配信とかもできますよ。


G-GEEKおすすめPCはいつでも最安値!

当サイト「G-GEEK」からG-Tuneおすすめモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも1万円以上安いモデルがあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら