Battlefield Hardline(BFH)に最適なグラボとおすすめゲーミングPC

BFHはシリーズ最高に重いので要注意

Battlefield Hardline(BFH)のためにゲーミングPCを買うならグラボ選びに注意が必要です。BFシリーズはどれも結構重かったですが、BFHは段違いです。ミドルスペックだと低画質まで落とさないと60fps出ません。

ハイスペックまで行くと中画質でやっと60fps以上出せます。高画質なら最高性能のグラボが必要です。それくらいBFHは重いんです。では具体的にどんなグラボがおすすめか解説していきます。

BFH推奨グラボのGeForceシリーズがおすすめ

ゲーミングPCのグラボ選びで最初に決めるのはGeForceかRadeonにするか、です。大抵のオンラインゲームではどちらでもいいのですが、BFHに限っては必ずGeForceを選んでください。

というのもBFHはGeForceに最適化されています。同じ価格・性能のグラボでもGeForceのほうがサクサクになります。BFH推奨グラボとして公式が認定しているのはGeForce GTXシリーズです。

BFHにおすすめのG-TuneゲーミングPC

G-Tuneには「Battlefield Hardline 推奨グラフィックスカード搭載パソコン」があったのですが売り切れています。そこで代わりとなるBFHにおすすめのゲーミングPCをご紹介します。

G-Tune HM-B-AF

グラボ : GeForce RTX3060(12GB)
CPU : Core i7-10700(8コア/最大4.80GHz)
メモリ : 16GB(PC4-21300)
容量 : 512GB NVMe SSD

GeForce RTX3060を搭載した人気デスクトップです。RTX3060搭載ゲーミングPCとしては最安値ではないでしょうか。別のメーカーを調査してみたところ、G-Tuneのほうが2万円くらい安いです。このゲーミングPCで実際にBFHをプレイしてみたところ、中画質で80fpsくらい出ました。


G-Tune HN-Z-3070Ti

グラボ : GeForce RTX3070Ti(8GB)
CPU : Core i7-11700K(8コア/最大5.00GHz)
メモリ : 16GB(PC4-21300)
容量 : 512GB NVMe SSD + 2TB HDD

最強におすすめなのがこのハイスペックゲーミングPCです。あなたが本気でFPSをプレイするタイプの人なら、きっと120Hzか144Hzモニタを使っていることでしょう。ということはBFHで144fps以上を出したいですよね。

それならGeForce RTX3070Tiを搭載したハイスペックゲーミングPCがおすすめです。上のモデルと比べるとグラボ性能が1.5倍近くパワーアップしています。フレームレートが安定してくれるので勝率アップ確実です。


G-Tune H5

グラボ : GeForce RTX3070(8GB)
CPU : Core i7-10870H(8コア/最大5.00GHz)
メモリ : 16GB(PC4-21300)
容量 : 512GB NVMe SSD

ノートPCでBFHをプレイする場合はRTX3070がおすすめです。RTX3080だとあまりにも高額だからです。このノートPCならRTX3070搭載デスクトップと同じようにBFHを高画質で楽しめます。


G-GEEKおすすめPCはいつでも最安値!

当サイト「G-GEEK」からG-Tuneおすすめモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも1万円以上安いモデルがあります。しかも無料アップグレード中なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら