2021年 1月 の投稿一覧

液晶一体型のベアボーン 恵安「KI-AIO238B-BK」とは

ベアボーンはほぼ完成済みのパソコンに必要な部品を数点加えるだけで組み立てが終わるキットの総称でホワイトボックスとも呼ばれます。

Intel NUCなど省スペースタイプのベアボーンは人気があり、様々なメーカーが参入していますが基本的にはパソコン本体が独立したデスクトップタイプが一般的です。

しかし2021年に入ってすぐに恵安が発表したベアボーンは希少な液晶モニター一体型であり、注目を浴びています。そこで今回は液晶一体型のベアボーン恵安「KI-AIO238B-BK」についてご紹介します。

Intel Celeron N4120を採用した低価格ベアボーンが液晶モニターと一体化

KI-AIO238B-BKは外見こそ23.8インチの液晶モニターですが、背面にベアボーン一式が内蔵されておりモニターとしてもパソコンとしても使用可能な珍しいベアボーンです。

定価は36,800円と安価に設定されており、ユーザーはメインメモリとストレージ、OSを用意すれば完成するため少ない予算でパソコンを入手出来ます。

ストレージは2.5インチSATAとM.2の2種類に対応しており、OS用にM.2のSSD、データ保存用に2.5インチHDDという構成も可能です。メインメモリは最大8GBが2枚の16GBと一般的な用途なら十分快適に動作するスペックと言えます。

豊富な各種インターフェースを揃えた珍しい製品

ベアボーンは自作パソコンに準じる立ち位置から、Wi-Fiが別売りだったりインターフェースが必要最小限で使い勝手が悪い製品も多々ありますがKI-AIO238B-BKはノートパソコン並みの各種インターフェースが揃っています。

USBコネクタは2.0と3.0のみですが計5個、有線LANは1Gbps対応、Wi-Fiも内蔵しIEEE802.11 ac対応、やや古いもののBluetooth4.2対応、microSDカードリーダーも内蔵とおおよそ困ることがないほどてんこ盛りです。全体的に最新規格ではありませんが、現役で使える世代で揃えられており実用性は高いと言えます。

姉妹品もドンキ・ホーテでも完成品が販売中

KI-AIO238B-BKの発売よりも前に姉妹品がドンキ・ホーテから「MONIPA」の名称で販売されています。こちらはeMMCと4GBメインメモリが最初から組み込まれ、CPUがAMD A4-7210に変更された完成品パソコンであり、Windows10とWPS Officeが付属します。

筐体そのものはKI-AIO238B-BKとほぼ共通ですが、電源スイッチの位置が異なる他にもM.2が非対応でメインメモリの変更に完全分解が必要など価格を抑えるための仕様変更がされています。

まとめ

液晶モニター一体型ベアボーンは、液晶モニターがない初めてパソコンを購入するユーザーがコストを抑える上で魅力的な選択肢の一つです。仮にベアボーンの性能に満足できなくなっても液晶モニターとしての使い道があり無駄もありません。

最近ではテレワークやオンライン授業の需要から低価格ノートパソコンを各社リリースしていますが、23.8インチと画面の大きい一体型ベアボーンKI-AIO238B-BKなら同じ予算でより快適なパソコン環境が入るかもしれず検討の価値ありです。

量子ドットディスプレイの特長

主要なパソコン向けモニターには、TNやIPSといった種類がありそれぞれ応答速度や視野角の狭さ、コストパフォーマンスなど一長一短があります。

中でも色の再現性という面ではIPSが根強い人気がある一方で、最近では新たに量子ドットディスプレイも登場しており注目を集めています。そこで今回は量子ドットディスプレイの特長についてご紹介します。

従来のカラーフィルターではなく、色を直接操作する量子ドットディスプレイ

主流のTNやIPSディスプレイはバックライトの光をカラーフィルターで通過させることで色の再現を行っています。この方法は純色の再現性が苦手で、中でもグリーンやレッドカラーが不得意とされています。

一方、量子ドットディスプレイは量子ドットフィルターでバックライトの光を変化させるという手法で色を再現します。色は光の波長で変化するため、この波長を直接的に変化させてしまうというのが量子ドットディスプレイのメカニズムです。

カラーフィルターでは減少する光量も量子ドットディスプレイでは本来の光量を維持

カラーフィルターでは不要な色(波長)を全てカットしてしまい、その分明るさは失われてしまいます。しかし量子ドットディスプレイの場合は、不要な波長の光も必要な色の波長へ変化させて再び使用することで光量が維持されます。

同じバックライトなら量子ドットディスプレイの方が無駄がなく、より明るいという理由からパソコンモニターだけでなくテレビでも注目されているのはこのためです。

酸素に弱く有害物質であるカドミウムの使用が課題

良いこと尽くめのようにみえる量子ドットディスプレイですが、耐久性や製造に関する問題がないわけではありません。耐久性の点では酸素に弱いという弱点があり、旧来のIPSモニターを超える耐久年数を期待できるかは不透明です。

また高品質な量子ドットディスプレイには有害物質であるカドミウムの使用が避けられず、国際的にも使用制限が厳しい有害物質を使用するに辺り廃棄時のコストや環境汚染という懸念も払拭できていません。

すでにカドミウムを使用しない量子ドットディスプレイも存在しますが、最大のメリットである色の再現性が弱く今後の製品開発に期待せざるを得ません。

量子ドットディスプレイは複数の方式があり特性も異なる

量子ドットディスプレイは登場してから日が浅く、各メーカーごとに様々な方式が存在しています。中には色むらや明るさが不均一など旧来品よりも低品質な製品もあり、画面サイズが大きいほど高い技術が要求されるため大画面の製品を選ぶ際はどのメーカーを選ぶかが重要です。

まとめ

登場して日が浅いにも関わらずパソコンモニターやテレビ用の量子ドットディスプレイは急速に増えており、色の高い再現性と明るさからDTPなど産業分野だけでなく個人ユーザーにも需要があります。

より多くの色の再現性が求められるHDRでも量子ドットディスプレイは有利な面がある一方で品質や環境性能といった課題も残っており、今後の動向に要注目です。

スペックアップで使いやすくなったドン・キホーテの2in1 PC「ジブン専用PC&タブレット U1C」

税別2万円を切る低価格なノートパソコンやタブレットは子供向けやサブパソコンとして需要があるだけでなく、普段はパソコンを使わないユーザーが年賀状や文書作成の為に購入する上で魅力的な製品です。

もちろん価格相応にスペックは押さえてあるため、ゲームや処理の重たいソフトウェアは苦手ですが文書作成や表計算などCPU性能を必要としない用途ならば十分に活躍できます。

日本国内でもドン・キホーテが低価格なパソコン販売に注力しており、モデルチェンジの度にスペックが向上し続けています。

そこで今回はスペックアップで使いやすくなったドン・キホーテの2in1 PC「ジブン専用PC&タブレット U1C」についてご紹介します。

CPUがAtomからCeleronへアップグレードされ性能が大幅に向上

旧モデルでは低価格パソコンの定番であるAtomプロセッサーを採用していましたが、最新モデルではCeleron N3350にアップグレードされています。

Atomと比較すると、物理4コア4スレッドから物理2コア2スレッドとマルチタスク性能では低下していますが、動作クロックがN3350の方が高くシングルスレッド性能は高いため総合的な性能が向上しています。

Atomプロセッサーでは各スレッドの使用率が100%のままで処理待ちが発生しがちでしたが、N3350ではそのような状況になりにくいと言えます。もちろん動画のエンコードやゲームを起動するには絶望的な性能なので、過信は禁物です。

Intel HD Graphics500採用とHDMI変換アダプター付属でモニターやTV出力もより便利に

CPUがCeleron N3350になったことでもGPUもIntel HD Graphics500になり、30フレームレートながら4Kによる外部出力も見込めます。インターフェースも使い勝手の悪いMicro HDMのままですが標準サイズのHDMIへ変換するアダプターが付属するため改良されています。

変換アダプターを別途携帯する必要はありますが、HDMI側に装着しておけばかさばらずに持ち運びできます。本体が薄く標準サイズのHDMI端子を装備できない2in1パソコン特有の事情であり、他のメーカー製品も同様の問題を抱えています。

メインストレージはeMMC64GBやIEEE 802.11ac/axには非対応など低スペックな面も目立つ

書き換え可能回数がSSDより少なく耐久性の低いeMMC、ストレージ容量が64GBしかなく空き容量が不足しがち、5Ghz帯で高速なIEEE 802.11ac/axに対応しないという超低価格パソコンならではの仕様は前モデルのままです。

メインストレージの少なさはMicroSDカードの活用や、ほとんど露出しない小型タイプのUSBメモリを使い補えますがWi-Fiの遅さはかさばるWi-Fi子機の増設しか改善方法がありません。

まとめ

国内パソコンメーカーがCeleron N3350相当のCPUを採用したパソコンを7万円以上で販売し続けていることを考えると税別2万円でCeleron N3350搭載の2in1パソコン「ジブン専用PC&タブレット U1C」は破格の性能と言えます。

もちろんCPU以外の部分に目を向ければ価格相当に低スペックですが、日常的にいろんなことをするパソコンでなければ必要なスペックは満たしています。

パソコンよりもスマホやタブレットがWEB閲覧の主流になった現代において、このような超低価格なパソコンは今後も需要が高まるのではないでしょうか。