G-TuneのGTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCを比較

安いゲーミングノートPCならGTX1060、高性能ならRTX2070やRTX2080のグラフィックボードを選ぶことになります。ただ安すぎると性能に不安、高性能過ぎると高額になっていまう問題を抱えています。

しかしGTX1660Tiなら性能と安さを兼ね備えています。GTX1060より30%もハイスペックで、RTX2070搭載ゲーミングノートPCに比べて5万円も安いのです。だから買いやすいゲーミングノートPCとして最もちょうどいい存在です。

GTX1660TiかRTX2060か

GTX1660Tiの対抗馬はRTX2060です。RTX2060搭載ゲーミングノートPCもコスパが非常に良いのですが、GTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCに比べると、3万円も高いです。しっかりしたスペックにすると20万円を超えます。

一方でGTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCならカスタマイズしても20万円以下で購入できます。だから20万円以下でゲーミングノートPCを買いたい人にはGTX1660Tiをおすすめします。

性能に関しては10%くらいしか違いません。デスクトップならもっと差が出るんですけどね。CPUのせいなのか、ゲーミングノートPCだとGTX1660Tiのほうがコスパが良くなります。

そしてGTX1660Tiでプレイできないゲームはまだ存在しません。すべてのゲームが60fps以上出せます。もしもあなたが重いFPSで144fps以上出したい場合は、GTX1660Tiでは無理なので、RTX2070搭載ゲーミングノートPCをおすすめします。

おすすめのGTX1660Ti搭載ゲーミングノートPC

G-TuneにはGTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCはひとつのシリーズだけあります。とはいえモデルごとに違いがあるので、どれがおすすめかを解説します。

NEXTGEAR-NOTE i5565SA1

グラボ : GeForce GTX1660Ti(6GB)
CPU : Core i7-9750H(6コア/最大4.50GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 512GB NVMe M.2 SSD

最高におすすめなのがシルバーモデルです。もうゲーミングPCはメモリ16GBにしておくべきです。快適性に結構な差が生じます。メモリ10GB使うゲームなんていくらでもありますよ。

ストレージが高速なNVMe SSDなのもいいですね。でも果たして512GBの容量で足りるのかが問題です。ぎりぎり足りなくもないですが、1TB HDDを追加したほうがストレスなく使えます。


NEXTGEAR-NOTE i5565BA1

グラボ : GeForce GTX1660Ti(6GB)
CPU : Core i7-9750H(6コア/最大4.50GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 : 256GB NVMe M.2 SSD

とにかく安く買いたいならブロンズモデルがおすすめです。これがGTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCの最安値です。メモリ8GB、256GB SSDと最低限な感じです。

メモリはともかく、ストレージは256GBでは絶対に足りません。今はゲームひとつが50GBもある自体です。3つのゲームをインストールしたらもう容量が厳しくなってしまいます。容量を増やすカスタマイズだけは忘れないでください。


NEXTGEAR-NOTE i5565GA1

グラボ : GeForce GTX1660Ti(6GB)
CPU : Core i7-9750H(6コア/最大4.50GHz)
メモリ : 32GB(PC4-19200)
容量 : 512GB NVMe M.2 SSD + 2TB HDD

最も高性能なのがゴールドモデルです。ハイスペックなのはわかるんですけど、あまりおすすめしません。なぜならメモリ32GBは必要ないと思うからです。動画編集したいなら32GBはちょうどいいですけど、ゲームだけなら16GBで十分です。

ストレージ容量が多いのは良いですね。512GB + 2TBならハイスペックデスクトップ並の容量です。これだけあれば困りません。でもやはりシルバーモデルをベースにカスタマイズしたほうがいいです。


G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら