Windows10で強化されたクリップボード

クリップボードは機能を強化するソフトウェアやMicrosoft Office上で活用するツールが提供されてきましたが、Windows OS側の機能としては長らく手は加えられてきませんでした。しかし遂にWindows10 October 2018 Updateで大幅にクリップボードが強化されました。そこで今回はWindows10で強化されたクリップボードについてご紹介します。

Microsoft Officeなどで提供されていた履歴機能が追加されて便利に

通常クリップボードで保持できるデータはひとつだけであり、過去にコピーした内容は失われてしまいます。そこでサードパーティーのソフトウェアやMicrosoft Officeでは過去にコピーして記憶させたクリップボードの内容をストックし、その中からユーザーが選んで貼り付けできる履歴機能があります。October 2018 UpdateではOS標準でクリップボードの履歴機能が使えるようになり、あらゆるソフトウェアで活用できます。

クリップボードの履歴機能は有効化が必要

October 2018 Updateへアップデートした後に設定することではじめてクリップボードの履歴機能が使えるようになります。設定アプリからシステムを選ぶと新たに「クリップボード」の項目が増えており、この画面内で履歴機能の有効化や追加設定を行います。

過去のクリップボードを呼び出すにはWindowsキー+Vキー

通常貼り付けを行う際は右クリックメニューもしくは「CTRL」キー+「V」キーのショートカットを用いますが、履歴機能を呼び出す際は「Windows」キー+「V」キーを使用します。後はユーザーが履歴画面から貼り付けたい内容を選択するだけで通常のコピー&ペーストと操作性は変わりません。

同じMicrosoftアカウントでログインしていればクリップボードを共有できる

今回October 2018 Updateで強化された機能の中にはクリップボードの共有も含まれます。同じMicrosoftアカウントでログインしたデバイス同士ならクリップボードを共有し、文字などを別なパソコンへ貼り付けることが可能です。従来はGoogle製のソフトウェアなどで実現できていましたが、Windows標準でサポートされたことで設定が簡単でより便利になりました。

将来的にはモバイルデバイスともクリップボードの共有が快適になるかも

Android向けにリリースされていSwiftkeyアプリはWindows10のクリップボードをスマホと共有できることを謳った入力アプリです。アプリとしての完成度はまだまだですが、iOS版含めモバイルデバイスとの連携も強化されいくようです。

まとめ

WindowsOSの長い歴史の中で全く強化されてこなかったクリップボードですがやっと他のソフトウェアを使わずに効率的なコピー&ペーストができるようになりました。Windows10であればどのパソコンでもクリップボードの履歴機能が使えるため、画像編集や表計算などがどこでもスピーディに作業できる履歴機能を是非有効化して活用しましょう。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。