ソフトウェアWake On LanとハードウェアWake On Lanの違いとは

Wake On Lanは遠隔操作でパソコンの電源を入れるための機能であり、リモートアクセス時の基本でもあります。

最近ではリモートワークの需要からWake On Lanを活用するケースも多々ありますが、Wake On Lanはハードウェアで動作する場合とソフトウェアで動作する場合に分かれており初心者には敷居が高いのも事実です。

そこで今回はソフトウェアWake On LanとハードウェアWake On Lanの違いについてご紹介します。

Sステートによって必要なWake On Lanは変わる

Sステートはパソコンの電源状態を示すものであり、電源をWake On Lanで復帰させる際はどのSステートから復帰させるか確認が必要です。

それはWake On Lanがハードウェアとソフトウェアでそれぞれ復帰可能なSステートが異なるためです。さらにWindows10のハイブリッドシャットダウン使用時はハードウェアWake On LanもソフトウェアWake On Lanも使用できないため無効化しなければならないという事情もあります。

完全シャットダウン状態からの復帰はハードウェアWake On Lan

S5ステートの完全シャットダウン状態から復帰させるにはハードウェアWake On Lanが必要です。ハードウェアWake On Lanはマザーボード側の機能であり、OSに左右されないという特徴があります。

Wake On Lanのパケットを受信するLANもマザーボードに内蔵された有線LANのみです。電源トラブルなど不測の事態に備える点でもハードウェアWake On Lanは協力且つシンプルと言えます。

休止状態・スリープ状態からの復帰はソフトウェアWake On Lan

休止状態のS4ステート、スリープ状態のS3ステートからの復帰はソフトウェアWake On Lanが必要です。これは完全シャットダウンと異なり、S4・S3ステートではネットワークアダプタは電源が切れずにパケットを受信できるためです。

こまめに電源をON・OFFするよりも必要な時にスリープから復帰させる方が運用としてはスムーズですが、導入に関しては一定の知識が不可欠です。

増設したLANアダプタからの復帰はハードウェア+ソフトウェアWake On Lan

スリープ状態のS3ステート限定ですが、ノートパソコンや省スペースパソコンで多い有線LANを内蔵していない場合でもUSB接続のLANアダプタから復帰が可能です。

この場合は、USB接続のLANアダプタをソフトウェアで常に稼働させ、パケットを受信した際はマザーボードが復帰を許可するというソフトウェアとハードウェアの両方の機能を使うことになります。

ソフトウェアWake On LanはOS上から設定し、ハードウェアWake On LanはBIOS設定を変更する

ソフトウェアWake On Lanは主にドライバとその設定に依存します。ドライバの電源管理画面で復帰の許可を有効にしますが、ドライバが古すぎる場合や互換ドライバで動作している場合は項目自体が表示されません。

またマジックパケットに関する項目がない場合はLANチップなどがそもそもWake On Lanに非対応ということもあります。一方、ハードウェアWake On LanはBIOS・UEFI設定から有効化しますが、メーカーによってWake On Lan、WOL、Wake UP、PMEなど表記が異なります。もし項目が見当たらない際はマニュアルの参照とマザーボードのアップデートを試しましょう。

まとめ

ハードウェアWake On Lan、ソフトウェアWake On Lan、それぞれ復帰させることが可能なSステートが異なりますが、あらゆる事態を想定してどちらも正常に動作するように設定を突き詰めることが理想です。

ソフトウェアWake On Lanだけなら電源トラブルで完全シャットダウンされてしまったときに復帰できず、ハードウェアWake On Lanなら設定もれやユーザーアカウントを切り替えた際に電源設定が変わり意図せずスリープ状態になった際に復帰できません。

ハードウェア構成や使い方によって必要な作業は変わりますが、機能を正しく理解すればWake On Lanを使いこなすことに繋がります。

G-GEEKおすすめPCはいつでも最安値!

当サイト「G-GEEK」からG-Tuneおすすめモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも1万円以上安いモデルがあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。