グラフィックボードを初めて組み込んでやりがちな間違い

私も最近グラフィックボードを購入した者なのですが、初心者がやってしまいがちな、ありがちな間違いなどを経験則から書いていこうと思います。

グラフィックボードを取り付けてやってしまいがちなこと

電源コネクタを挿し忘れて起動

電源が無いタイプもありますが、基本的には電源コネクタを差し込む必要があります。

PCIスロットなどに差し込むだけで満足してしまい、セット後に起動して、なんで?認識してないよ!となる、恥ずかしくもやりがちなあるあるです。

グラフィックボードを取り付けたのにマザーボードの映像出力端子にケーブルを接続してしまう

説明の必要も無いのですが、グラフィックボードにある映像出力端子にケーブルをつながずにマザーボードの映像出力端子にそのままケーブルをつないで、あれ?映らないよ?あれ?となってしまうあるあるです。

私も、『あれ?・・・あぁ、そうか・・・。』となりました。基本的にマザーボードにグラフィックボードを接続した場合に映像出力処理はグラフィックボード任せにするためマザーボードからの映像出力信号は無くなります。

それを知らなければ、こんな事態になってもしかたがありませんよね。無いはずです。

不要な付属ソフトも入れっぱなし

パソコンには詳しいはずなのに初心者になって気持ちがアガってしまうので、ド忘れしてしまうのか、ドライバについてる不要な付属ソフトをインストールしたままにしてしまいます。

別にインストールしたままでも良いですが、不要なものはできるだけ削除してしまう方が無駄な容量を消費しません。ドライバインストール時にカスタムインストールができるならば、不要なソフトのチェックは外しておきましょう。

ドライバの更新をしない

ドライバなんて最初にインストールしてるから大丈夫でしょ?となりますが、公式ホームページなどでは常に更新がされております。

逐一チェックをいたしましょう。最適ではないドライバの場合、ゲームによっては『そのグラフィックボードのドライバは最新のドライバじゃないので認識できないのですが』という案内がくる場合があります。

やりがちというか

告白してしまえば、やりがちというか、私がやっていたことでした(汗)非常に恥ずかしいのですが、他の方には恥ずかしい思いをして欲しくないので、書いておこうと思いました。

とくに、新しい製品を買うと気持ちが浮ついてしまって普段やっていることができなくなる、冷静な判断力がなくなってしまうのは、気をつけたいところです。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら

↓↓↓Amazonギフト券5,000円プレゼント!↓↓↓

SNSでもご購読できます。