ゲーミングPCの掃除に便利なハンディクリーナー

ゲーミングPCは定期的なクリーニングが欠かせませんがエアーダスターはホコリを押し出すだけで周りをホコリだらけにしてしまいます。

最終的には掃除機で掃除することになりますが、エアーダスターでホコリを押し出す側から掃除機で吸うことが出来れば後片付けも軽減され、ホコリが再びパソコンケース内に入ることもなくなります。今回はパソコンケース内のクリーニングが便利になる強力なハンディクリーナーをご紹介します。

ハンディクリーナーはホコリを吸う力が弱い

小さく片手で持てるハンディクリーナーは便利ですが、モーターが小さいためホコリを吸い込む力=仕事率が弱い製品ばかりです。ダイソンなど有名メーカーなら強力な製品も存在しますが誰でも手が出せる価格ではありません。

国内メーカーも強力なハンディクリーナーを販売していますが大きく重量もあるため片手でホールドするには無理があります。共通して交換バッテリーが専用品で高価かつ充電時間も長い傾向があります。さらに紙パック式とカプセル式はホコリを吸い込むと急速に弱くなり易く、粉塵が多いパソコンケース内のクリーニングにはあまり向いていません。

業務用ハンディクリーナーなら安価で強力

電気工具を持っている方なら誰でも知っている国内メーカーのMakitaですが業務用のハンディクリーナーも販売しています。その最上位モデルはCL182FDRFWでバッテリーと充電器のセット商品です。

なおバッテリーはMakita共通バッテリーのためMakitaの電動工具を持っている場合は本体だけのCL182FDZWを購入することで使用出来ます。Makitaのバッテリーは安価な社外品も多く、新規で購入するユーザーの財布にも優しいという特徴があります。

威力は業務用ということもあり、片手でホールドできるサイズなのに強力にホコリを吸い込むためゲーミングPCのエアフィルター掃除に最適です。パソコンケース内をクリーニングする際は片手はエアーダスターでホコリを飛ばしながら、もう片手はMakitaのハンディクリーナーを持ってホコリを吸うことで部屋を汚さずに作業できます。

効率よくクリーニングできるためエアーダスターの使用も最小限で済み、エアーダスターの節約になります。もちろんパソコン以外にも一般的な掃除機としても十分使用出来ます。

洗える布製のダストバッグがホコリとネジに最適

一般的な紙製のダストバッグより吸引力が強く、使用後は洗って再利用できる布製のダストバッグは粉塵がメインのパソコンケース内のクリーニングに最適です。

またネジなどを誤って吸い込んだしまっても布製のダストバッグならひっくり返して中身を出しやすく安心です。部屋の掃除には紙製ダストバッグ、パソコンケース内のクリーニングは布製ダストバッグという使い分けも可能です。

まとめ

エアフィルターが付いているゲーミングPCならこまめにフィルターを掃除するだけで内部クリーニングの頻度が少なくて済むため、どれだけ手軽に掃除できるかが手間を減らすポイントです。

Makitaのハンディクリーナーなら充電時間も競合製品と比べて22分と圧倒的に短いうえに軽く小さいためパソコンの側に置いておき、思い立ったときに即使えるという強力なメリットがあります。

もし掃除機の買い換えやハンディクリーナーの購入を検討されている際はパソコンにも使いやすいMakitaのハンディクリーナーがお勧めです。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。