ASUS製ゲーミングWiFiルーターに追加されたOpen NAT機能

ゲームサーバーとの接続やユーザーがホストになる場合に起きやすいトラブルのひとつに通信エラーがあります。これは通信パケットのやり取りを行うときに、その通り道であるポートを通過できず通信が失敗する現象です。

その原因は宅内ネットワークやファイヤーウォールなど様々ですが、主にルーターへ「ポート開放」設定をすることで解決できることがほとんどです。

しかしネットワークの詳細な知識がない多くのユーザーにとっては設定もその後の管理も容易ではありません。そこで今回はASUS製ゲーミングWiFiルーターに追加されたOpen NAT機能についてご紹介します。

オンラインゲームはポート開放が必要な場合がある

オンラインゲームはゲームサーバーとの接続だけでなくボイスチャットやユーザーを親にしてチームプレイをするなど多様な通信を行っています。

中には通常のゲームプレイは出来るのにボイスチャットが使えないなど、ポート開放をしなければ全ての通信機能が動作しないケースもあります。

ポート開放は仕組みを理解しないと設定が難しい

ポート開放はインターネット側とローカルネットワーク側を適切に結びつける必要があり、ゲームクライアントを起動するパソコンのローカルIPを固定しておく必要があります。

ポート開放は解放するポート番号と、インターネットから入ったパケットをどのローカルIPへ通すのかが重要なためパケットの通信経路と仕組みを理解していないと設定は困難です。

必要なポート番号が変わることもある

ゲームのバージョンアップやMODによりポート番号が増えることや変わることも珍しくありません。特に複数のゲームタイトルをプレイしている際はどのポートをどのゲームで使用しているのか管理が必要になります。

また安易なポート開放はセキュリティ上好ましくないため、使わなくなったポートは設定を削除して閉じておくことも大切です。

ASUS製ゲーミングWiFiルーターならゲームタイトルを選ぶだけでポート開放出来る

ASUS製ゲーミングWiFiルーターには「Open NAT」が実装され、ゲームタイトルを選びプレイするパソコンを一覧から指定するだけでポート解放が完了します。

主要なオンラインゲームが網羅されており、知識がなくても簡単に設定が可能です。またどのゲーム向けのポートを開放しているか一目瞭然なのでプレイしなくなったゲーム用のポート番号だけを閉じることも簡単です。

ポート開放状態の管理も簡単

ゲームタイトルでポート開放状態を管理でき、手動でポート開放を行う際も個別に名称を付けることができるため設定内容を忘れた際も困りません。

他のゲーミング用の機能と合わせて必要なゲームに合わせた設定が誰でも簡単にできる点では他のメーカーよりも優秀です。しかも「Open NAT」機能は旧式のASUS製品でもアップデートにより利用することが可能なため、すでにASUSのWiFiルーターを使っているなら買い換える必要もありません。

まとめ

ASUSのゲーミングWiFiルーターは機能が豊富なだけでなく、旧製品であっても「Open NAT」機能が追加されるなど購入後も安心して使えます。

ポート開放についてはセキュリティ上の問題もあり、ASUS製ゲーミングWiFiルーターに標準搭載されているAiProtectionとの併用は必須です。

ポート開放が出来ず悩んでいたり、これからオンラインゲームを始めるならASUS製ゲーミングWiFiルーターの検討をおすすめします。

G-GEEKおすすめPCはいつでも最安値!

当サイト「G-GEEK」からG-Tuneおすすめモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも1万円以上安いモデルがあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。