※当ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています。

G-TuneのGTX1660、GTX1660Ti搭載ゲーミングPCを比較

GeForce GTX16シリーズの中で格安なのがGTX1660です。GTX1660搭載ゲーミングPCなら15万円以下で購入できます。ただGTX16シリーズには他にもGTX1650やGTX1660があり、どれにするか悩みどころです。

GTX1660はどんな人に適しているのかを解説しつつ、G-TuneでおすすめのGTX1660搭載ゲーミングPCをご紹介します。

あまり重くないゲームにはGTX1660が最適

まずはっきりさせておくべきなのは、GTX1660は重いゲームに向いていないことです。いえ、今はまだGTX1660でほとんどのゲームを遊べます。画質さえ下げれば60fps以上出せます。

しかし2022年現在、すでに一番重いゲームの推奨スペックはGTX1660を超えています。そうです、GTX1660では性能不足のゲームがもう存在しているのです。

ということは今後さらにそういう重いゲームがどんどん増えてくわけですから、GTX1660で遊べないゲームの割合も増えていくことになります。

つまり今後重いゲームをプレイしたいのであれば、RTX2070搭載ゲーミングPCRTX3080搭載ゲーミングPCをおすすめします。特に144fps以上で安定させたいFPSプレイヤーはそうです。

とはいえそこまで重くないゲームならGTX1660で十分です。例えばWoT、マインクラフト、FF14、PSO2のように長年続いているオンラインゲームはあまり重くありません。GTX1660で60fps出せます。

むしろそういうゲームしかプレイしない人がハイスペックゲーミングPCを買っても、お金が勿体無いですから、格安のGTX1660搭載ゲーミングPCを買ったほうが絶対にいいです。

G-TuneのGTX1660搭載ゲーミングPC

G-TuneにはGTX1660搭載デスクトップゲーミングPCが何機種かあります。パーツ構成や価格がそれぞれ異なるので、どれがおすすめか比較しながらご紹介します。

G-Tune DG-A5G1D

グラボ : GeForce GTX1660 SUPER(6GB)
CPU : Ryzen 5 4500(6コア/最大4.10GHz)
メモリ : 16GB(PC4-25600)
容量 : 512GB NVMe SSD

最安値のGTX1660搭載ゲーミングPCです。税込み13万円台です。これだけ安くて多くのオンラインゲームを遊べるのは本当にコスパ抜群です。

しかもG-Tuneにしては珍しく最安値のデスクトップなのにメモリ16GBになっています。特にカスタマイズしなくても快適に動作するスペックです。ただ私としてはもっとストレージ容量を増やしたいですね。


G-Tune DG-I5G1D

グラボ : GeForce GTX1660 SUEPR(6GB)
CPU : Core i5-13400F(10コア/最大4.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-25600)
容量 : 500GB NVMe SSD

もしもあなたがCore i5推奨のゲームを遊びたいならこちらをおすすめします。ある程度重いゲームだとCore i7を推奨していることがあるので、Core i5を選ばないように注意が必要です。

それにCore i5のほうが動作周波数が高く、メモリ16GBにすればすべてのゲームがよりヌルヌル動くようになります。ストレージ容量もなかなか多いです。快適性を重視するならこちらのGTX1660搭載デスクトップをおすすめします。


このページだけの特別価格!シークレットモデル!

G-Tuneのシークレットモデルが文字通り密かに販売されています。G-Tuneで販売されているゲーミングPCよりもとても安いモデルがあります。いつまで残っているかわからないので今すぐチェックすべし!

シークレットモデルの詳細はこちら