G-TuneでおすすめのRyzen搭載ゲーミングPC

ゲーミングPCのCPUといえばINTEL Core iシリーズばかりですが、最近はちょっと事情が変わってきています。AMD Ryzenシリーズのシェアが拡大したことにより、BTOゲーミングPCにもRyzen搭載モデルが増えてきています。

G-TuneにもいくつかのRyzen搭載ゲーミングPCがあるので、おすすめのモデルをご紹介します。

Ryzen CPUを選ぶメリット

そもそもCore iシリーズではなくRyzenシリーズを選ぶ意味はどこにあるのでしょうか?大きな違いはコア数・スレッド数と動作周波数です。どちらもCPUの性能を決定付ける重要なスペックです。

スレッド数が多い

まずコア数・スレッド数はRyzenシリーズのほうが優秀です。同じ価格のCPUモデルを比較してみると、ほぼ確実にRyzenシリーズのほうがコア数もスレッド数も多いのです。

スレッド数が多ければ、マルチスレッドを活用した用途で高性能を発揮してくれます。例えばスレッドをがっつり使うゲームで動きが滑らかになりますし、エンコードのようなCPUをフル活用するケースで高速になってくれます。

だからあなたが動画編集を始めとした何かを制作するためにゲーミングPCを使おうと思っているなら、Ryzenシリーズを使う価値があります。

シングルコアの性能は負けている

逆に動作周波数はCore iシリーズのほうが優秀です。特にシングルコアの性能はCore iシリーズのほうがかなり高く、シンプルな用途だとCore i7のようなメインストリームCPUを使ったほうがいいです。

PCゲームだとシングルコアの性能が重要なものもあれば、マルチスレッド性能が重要なものもあり、一概には言えません。ただ、各種ゲームのベンチマークを見ているとCore i7シリーズのほうが僅かに高いフレームレートを出していることが多いです。

おすすめのRyzen搭載ゲーミングPC

ここまで読んで「Ryzen搭載ゲーミングPCが欲しい!」と思っている方のため、G-Tuneが販売しているRyzen搭載デスクトップからおすすめの製品をご紹介します。

なお、G-TuneのRyzen搭載ゲーミングPCはそこまで数が多くありません。今はLITTLEGEARシリーズとNEXTGEAR-MICROシリーズの2つのみです。NEXTGEARシリーズやMASTERPIECEシリーズはCore i限定です。

NEXTGEAR-MICRO am560BA1

グラボ : GeForce GTX1650(4GB)
CPU : Ryzen 5 3600(6コア/最大4.20GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 : 256GB SSD

超激安!10万円以下で購入できるのがこのGTX1650搭載ゲーミングPCです。CPUは人気で定番のRyzen 5 3600です。

スペックとしてはほとんど最小構成です。Ryzen 5 CPUが突出している感じもします。GTX1650ではそこそこ軽いゲームしかプレイできないことは念頭に置いてください。あとストレージは1TB以上にしてから買うべきです。


NEXTGEAR-MICRO am560SA2

グラボ : GeForce GTX1660Ti(6GB)
CPU : Ryzen 7 3700X(8コア/最大4.40GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 512GB SSD

Ryzen搭載ゲーミングPCでおすすめなのはこのデスクトップです。多くのゲームを快適にプレイできるGTX1660Tiが現在売れ筋ランキングトップです。

そして動作周波数の高いRyzen 7 3700Xが組み合わさることにより、ちょうどいいミドルスペックゲーミングPCに仕上がっています。INTEL CPUよりも遥かにコスパが良くておすすめですよ。


G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら