G-TuneデスクトップのPCケースまとめ

G-TuneのデスクトップゲーミングPCは大きく分けて4つのシリーズがあります。LITTLEGEAR、NEXTGEAR-MICRO、NEXTGEAR、MASTERPIECEです。

昔はもう2種類ほどありましたが、2019年現在4つになっています。ではそれぞれのPCケースにはどのような違いがあるのでしょうか。サイズや性能などを比較していきます。

PCケースのサイズを比較

まずPCケースの一番の違いはサイズです。小さい順に並べると、LITTLEGEAR、NEXTGEAR-MICRO、NEXTGEAR、MASTERPIECEとなります。

具体的な大きさは以下のとおりです。

奥行き 高さ
LITTLEGEAR 178 mm 395 mm 330 mm
NEXTGEAR-MICRO 188.8 mm 410.5 mm 400 mm
NEXTGEAR 210 mm 524.2 mm 435 mm
MASTERPIECE 215 mm 490 mm 501 mm

一般的にはLITTLEGEARとNEXTGEAR-MICROがミニタワー、NEXTGEARがミドルタワー、MASTERPIECEがフルタワーと分類されると思います。

ゲーミングPCとして人気なのはミニタワーとミドルタワーです。他のメーカーの売れ筋ランキングを見ると大抵ミドルタワーに人気が集まっています。G-TuneだとNEXTGEAR-MICROとNEXTGEARが人気です。

最大メモリ容量を比較

G-TuneのPCケースはサイズが違うだけでなく、スペックも異なります。時期によって変わるのですが、基本的に大きいサイズおほうが高性能です。

わかりやすいのが最大メモリ容量です。LITTLEGEARとNEXTGEAR-MICROは最大32GB、NEXTGEARは最大64GB、MASTERPIECEは最大128GBなことが多いです(マザーボードによります)。

メモリだけでなく選べるCPUやグラフィックボードも変わってきます。だから高性能なデスクトップゲーミングPCが欲しい場合は、NEXTGEARかMASTERPIECEをおすすめします。

ガラスパネルに変更できるケース

MASTERPIECEだけは最初から左側のサイドパネルが透明です。ガラスパネルになっていて、内部のパーツが見えます。LEDケースファンに変更することにより、ゲーミングPCを光らせることも可能です。

また、NEXTGEAR−MICROとNEXTGEARは標準構成だと普通ですが、カスタマイズでガラスパネルに変更できます。つまりLITTLEGEAR以外は、ある意味格好良いデスクトップにできます。

光らせるかどうかは好みによります。もしもガラスパネルにしたかったり、光らせたいなら参考にしてください。

おすすめはNEXTGEAR-MICROかNEXTGEAR

MASTERPIECEは最強スペックにできるものの、NEXTGEARに比べると高額です。たとえ同じスペックだったとしてもNEXTGEARのほうが絶対に安いです。

使いやすさやコスパのバランスを考えると、私はNEXTGEAR-MICROとNEXTGEARをおすすめします。大きすぎず小さすぎず、色々なパーツを選べて、価格もちょうどいいのです。

各PCケースの詳細は、以下の公式ページをご覧ください。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら