NEXTGEAR-MICRO im570SA7-GG レビュー

4,800円安い限定ゲーミングPC!

このG-GEEKというサイトを運営し始めてからしばらく経ちますが、なんとG-Tuneさんからお声をかけて頂き、G-GEEKコラボPCの販売が決定しました!G-Tune応援サイトを作って良かったと、強く思います。

G-GEEKコラボPCは全部で3つあります。その中で一番安いのがNEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGです。GeForce GTX1060にCore i7、SSDまで入って129,800円(税別)です。しかも通常よりも4,800円も安くなっています。

G-TuneのゲーミングPC一覧には掲載されていないので、当サイトからしか見つけられない限定品です。激安なミドルスペックゲーミングPCとして本当におすすめです。そんなNEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGを貸して頂いたので早速レビューしてみます。

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGのパーツ構成

まずはNEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGにどんなパーツが採用されているのか確認してみましょう。

CPU Core i7-6700(4コア/ 3.40GHz/ TB時最大 4.00GHz)
メモリ 16GB(PC3-12800)
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX1060(3GB)
ストレージ 240GB SSD + 3TB HDD
チップセット インテル H110 Express (Micro ATX)
電源ユニット 500W(80PLUS SILVER)

え、これ凄くないですか!?普通これくらいの価格だとCore i5、メモリ8GB、GTX1060、500GB HDDって感じのパーツ構成ですよ。でもNEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGはメモリ16GBにSSDまで追加されています。

特に最近は「メモリ8GBでは足りない時代になった」と言われています。実際に推奨スペックがメモリ8GBのゲームがばんばん発売されていますし、さらにスターウォーズバトルフロントやQuantum Breakはメモリ16GBを推奨しています。

推奨スペックが8GBのゲームを動画を見ながらプレイしたり、録画や配信しながらやろうと思ったら、やっぱり16GBないと厳しいと思うんですよ。となるとCore i7、メモリ16GB、GTX1060の組み合わせはPCゲーマーに嬉しいパーツ構成なことは間違いありません。

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGの特徴

空冷がイケてる

G-TuneにはデスクトップゲーミングPCが4タイプあります。NEXTGEAR-MICROシリーズはPCケースのほぼ全面がメッシュで、空冷により熱くなりにくい設定になっています。

ゲーミングPCは温度が低いほうが高性能を保てます。熱暴走を起こさないことは本当に大切です。寿命にも影響しますからね。NEXTGEAR-MICROシリーズなら見た目通り、空気をぐいぐい吸い込んで、ばばーっと吐き出して、適切な温度を保ってくれます。

メッシュを取り外せる

もう1つ特徴的なのがメッシュの取り外しです。デスクトップゲーミングPCを床置きにしている人って多いと思います。私も床置きです。するとホコリがメッシュやファンに溜まるんですよ。特に私の家ではペットを飼っているので、もう毛が凄いことになってます。

ホコリが付着しているのを放置するのは、空冷を阻害します。掃除機を長時間使っていて吸い込みが悪くなるのと一緒です。つまりゲーミングPCが熱くなってしまうわけです。

でもNEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGは吸気口である前側のメッシュをすべて取り外せます。しかもワンタッチです。ドライバのような工具は不要です。ティッシュで拭いてもいいですし、水洗いして完璧に綺麗することもできます。メンテナンスしやすいデスクトップってかなり使い勝手がいいですよ。

前側のインターフェイス

前側には頻繁に使うボタンや端子が集まっています。マイク、ヘッドホン、USB2.0 x2、USB3.0です。ヘッドセットでマイクとヘッドホン端子を使って、マウスとキーボードはUSB2.0に接続するのがおすすめです。USB3.0はUSBメモリ用に空けておくと便利です。

電源ボタンはちょっとわかりにくいですが、中央の真ん中にある黒い部分です。床置きして前側のインターフェイスを全部接続した時に、電源ボタンが押しにくくなるのが欠点です(ケーブルが邪魔になるため)。

上にもファンを完備

これだけ安いゲーミングPCでフロントファンが2つあるだけでも珍しいのに、上にも排気用のファンが搭載されています。ファンの配置から考えると、前側から吸い込んで、後ろ側と上に吐き出しています。

後ろの方に排気用ファンが集まっている理由は、ちょうどファンの下辺りにCPUがあり、さらにその下にグラフィックボード、一番下に電源があるからです。高温になりやすいパーツを冷やしてくれます。

裏配線ですっきり

内部を見てみましょう。かなりすっきりしていますよね。グラフィックボードやSSDがあるはずなのに、ケーブル類がごちゃごちゃしていません。これは「裏配線」をしているからです。

裏配線とは電源から出ているケーブルを一度マザーボードの背面に通してから、また表側に引き出す方法です。余計なケーブルが表に出ないため、空気の通り道をしっかり確保するメリットがあります。またケーブルがパーツに接触するのも防いでくれます。

BTOゲーミングPCで裏配線をやってくれるのは非常に珍しいです。少なくとも私は他のBTOメーカーで裏配線を見たことがありません。決して目立ちませんがG-Tuneのこだわりが垣間見えます。

ファン用USBケーブルを接続しよう

後側から青いUSBケーブルが飛び出ています。これは必ずUSB端子に接続してください。フロントファンを回転させるための電源供給に使われます。つまり接続しないとフロントファンが回りません。

USB端子が1つ埋まってしまうのはデメリットですが、後側にはまだUSB3.0、USB2.0 x2もあるので、足りなくなることはないはずです。PS2端子が2つあるのもいいですね。PS2のマウスやキーボードにもしっかり対応しています。

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGの性能

NEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGがゲーミングPCとしてどれくらいの性能を持っているか検証しました。

3DMARK

世界で一番有名なゲーム用ベンチマークソフト「3DMARK」を使いました。スコアは10038、他の69%のPCよりも良い成績です。ミドルスペックゲーミングPCとしてはこんなものでしょう。

めちゃくちゃ重いゲームだと高画質は無理ですが、人気オンラインゲームなら60fps以上出せます。Overwatch、FF14、PSO2、マインクラフト、World of Tanks、AVA、CS:GO、LoL、DOTA2などにおすすめです。

最初に書いたようにNEXTGEAR-MICRO im570SA7-GGは通常よりも4,800円安い価格です。しかも以下のリンクからしか買えません。コスパ抜群のゲーミングPCを探している人はチェックしてみてください。