NEXTGEAR-MICRO im610SA1-GG レビュー

4,800円安い限定ゲーミングPC!

このG-GEEKというサイトを運営し始めてからしばらく経ちますが、なんとG-Tuneさんからお声をかけて頂き、G-GEEKコラボPCの販売が決定しました!G-Tune応援サイトを作って良かったと、強く思います。

G-GEEKコラボPCは全部で3つあります。その中で一番安いのがNEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGです。GeForce GTX1060にCore i5、SSDまで入って109,800円(税別)です。しかも通常よりも4,800円も安くなっています。

G-TuneのゲーミングPC一覧には掲載されていないので、当サイトからしか見つけられない限定品です。激安なミドルスペックゲーミングPCとして本当におすすめです。そんなNEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGを貸して頂いたので早速レビューしてみます。

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGのパーツ構成

まずはNEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGにどんなパーツが採用されているのか確認してみましょう。

CPU Core i5-8400(6コア/ 2.80GHz/ TB時最大 4.00GHz)
メモリ 8GB(PC4-19200)
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX1060(3GB)
ストレージ 240GB SSD + 1TB HDD
チップセット インテル B350 (Micro ATX)
電源ユニット 500W(80PLUS BRONZE)

え、これ凄くないですか!?普通これくらいの価格だとCore i5、メモリ8GB、GTX1050Ti、500GB HDDって感じのパーツ構成ですよ。でもNEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGはGTX1060にSSDまで追加されています。

Core i7にするかCore i5にするかとても迷いました。最新ゲームの一部はCore i7を推奨しているものの、まだまだCore i5推奨のものがほとんどです。実際Core i5で問題なく高いフレームレートを出せますし、一部のゲームはCore i7よりCore i5のほうが安定するくらいです。

それにCore i7にするだけで一気に2万円くらい高くなるのですから、GTX1060に相応しいのはCore i5だと考えました。しかしCore i5-7400だと動作周波数がかなり低いので、Core i5-8400が最適解です。

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGの特徴

空冷がイケてる

G-TuneにはデスクトップゲーミングPCが4タイプあります。NEXTGEAR-MICROシリーズは底面からの吸気により熱くなりにくい設定になっています。以前のNEXTGEAR-MICROシリーズのPCケースよりもさらに冷えるようになりました。

ゲーミングPCは温度が低いほうが高性能を保てます。熱暴走を起こさないことは本当に大切です。寿命にも影響しますからね。NEXTGEAR-MICROシリーズなら見た目とは裏腹に、空気をぐいぐい吸い込んで、ばばーっと吐き出して、適切な温度を保ってくれます。

前側のインターフェイス

前側には頻繁に使うボタンや端子が集まっています。マイク、ヘッドホン、USB3.0 x2、HDMIです。ヘッドセットでマイクとヘッドホン端子を使って、マウスとキーボードはずっとつけっぱなしでしょうから、正面ではなく後ろ側のUSB2.0に接続するのがおすすめです。USB3.0はUSBメモリ用に空けておくと便利です。

電源ボタンはちょっとわかりにくいですが、右下にあるボタンです。光学ドライブは搭載されていません。カスタマイズのオプションで追加できるので、必要ならDVDドライブやBDドライブを選択しましょう。

裏配線ですっきり

内部を見てみましょう。かなりすっきりしていますよね。グラフィックボードやSSDがあるはずなのに、ケーブル類がごちゃごちゃしていません。これは「裏配線」をしているからです。

裏配線とは電源から出ているケーブルを一度マザーボードの背面に通してから、また表側に引き出す方法です。余計なケーブルが表に出ないため、空気の通り道をしっかり確保するメリットがあります。またケーブルがパーツに接触するのも防いでくれます。

BTOゲーミングPCで裏配線をやってくれるのは非常に珍しいです。少なくとも私は他のBTOメーカーで裏配線を見たことがありません。決して目立ちませんがG-Tuneのこだわりが垣間見えます。

後ろ側にも端子がたくさん!

後ろ側にはUSB2.0 x 2、USB3.0 x 2、USB3.1 x 2が揃っています。USB2.0はマウスとキーボードに使って、高速なUSB3.0やUSB3.1は外付けストレージ等に使うのがいいです。

PCケースのファンはこの写真に写っているものだけです。これ以外はCPUクーラー、電源ユニットのファン、グラボのファンで空冷を成立させています。しっかり冷やしてくれるのにファンの数が少ないため、実は静音ゲーミングPCとしての側面もあります。

拡張性は乏しい!

NEXTGEAR-MICROシリーズただひとつの弱点は拡張性の少なさです。例えばメモリスロットは2つしかありません。最大でも16GB x 2で32GBまでしかメモリは搭載できません。

拡張スロットやストレージ用のシャドウベイも非常に少なく、将来的にパーツを内部に追加しようと思ってもほとんど増設できないかもしれません。拡張性が欲しい場合は、NEXTGEARシリーズをおすすめします。

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGの性能

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGがゲーミングPCとしてどれくらいの性能を持っているか検証しました。

3DMARK FireStrike

世界で一番有名なゲーム用ベンチマークソフト「3DMARK FireStrike」を使いました。スコアは10243、他の57%のPCよりも良い成績です。ミドルスペックゲーミングPCとしてはこんなものでしょう。

めちゃくちゃ重いゲームだと最高画質は無理ですが、人気オンラインゲームなら60fps以上出せます。Overwatch、FF14、PSO2、マインクラフト、World of Tanks、AVA、CS:GO、LoL、DOTA2などにおすすめです。

最初に書いたようにNEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGは通常よりも4,800円安い価格です。しかも以下のリンクからしか買えません。コスパ抜群のゲーミングPCを探している人はチェックしてみてください。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら