NEXTGEAR i660PA1-SH2-GG レビュー

2,600円安いハイスペックゲーミングPC!

G-Tune様とG-GEEKとのコラボPCが誕生しました。NEXTGEAR i660PA1-SH2-GGはコラボPCの中で一番高性能なゲーミングPCです。GTX1080を搭載しているため、有名オンラインゲームやSteamの最新PCゲームを高画質でプレイできます。

ただハイスペックなだけではありません。非常に安いのです。G-Tuneで販売されているGTX1080搭載ゲーミングPCより2,600円も安いため、お買い得感が半端ないです。G-Tune様からNEXTGEAR i660PA1-SH2-GGをお借りしたのでレビューしてみます。

NEXTGEAR i660PA1-SH2-GGのパーツ構成

まずはNEXTGEAR i660PA1-SH2-GGにどんなパーツが採用されているのか確認してみましょう。

CPU Core i7-7700K(4コア/ 4.20GHz/ TB時最大4.60GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200)
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX1080(8GB)
ストレージ 256GB SSD + 2TB HDD
チップセット インテル Z270 Express (ATX)
電源ユニット 700W(80PLUS BRONZE)

本当に安いです。上で書いたようにG-Tuneで同じパーツ構成を組んだ場合よりも2,600円安いです。ドスパラで似たようなゲーミングPCを探してみたら219,980円でした。比較してみたらNEXTGEAR i660PA1-SH2-GGは20,000円も安いです。

ただでさえ安いG-TuneのゲーミングPCがさらに安くなっているわけです。2万円の価格差はさすがに見過ごせないはずです。コスパにおいてこのゲーミングPCに勝るモデルなんて存在しないのではないでしょうか。

性能に関する話をするとGTX1080はとてもおすすめです。重いゲームを1920×1080でプレイする場合、GTX1070でも低画質か中画質が限度だったりします。高画質で60fps以上出そうとすると、どうしてもGTX1080が必須になってきます。つまりNEXTGEAR i660PA1-SH2-GGは「比較的新しいゲームを高画質で60fps以上出したい」人におすすめです。

NEXTGEAR i660PA1-SH2-GGの特徴

デザインがCOOL!

ぶっちゃけ日本製のゲーミングPCってダサいのが多いと思います。でもG-TuneのNEXTGEARシリーズはカッコいいです!ゲームらしさを感じさせるデザインなのに決してゴテゴテしているわけではありません。なんていうかバランスがいいですよね。

性能が高いのも魅力です。NEXTGEAR-MICROシリーズに比べて高性能なゲーミングPCがたくさんあります。性能だけでなく拡張性や使いやすさもNEXTGEARシリーズのほうが優れています。

DVDドライブ初期搭載

G-TuneはどういうわけだかDVDドライブを搭載しないゲーミングPCが非常に多いです。NEXTGEAR-MICROシリーズはどれも非搭載ですし(カスタマイズで追加可能)、ゲーミングノートPCもほとんどのモデルがDVDドライブ非搭載です。

確かにDVDドライブを使う機会って少ないかもしれません。しかしゲームをパッケージで買ったら、絶対にDVDドライブにディスクを入れてインストールします。アニメやドラマ、映画のDVDをレンタルして、パソコンで視聴する際にも必要になります。だからDVDドライブってあったほうがいいと思うんですよ。

NEXTGEARシリーズはどれもDVDドライブが初期搭載されているので安心です。写真のようにカバーを開けるとDVDドライブがあります。

前側のメッシュは取り外し可能

NEXTGEAR-MICROシリーズと同様にNEXTGEARシリーズも前側のメッシュを取り外せます。NEXTGEARシリーズは前側のメッシュにホコリが最も溜まります。前側と左側が吸気口ですが、前側にだけファンが搭載されているため、気付くとホコリがメッシュを完全に覆ってたりします。

メッシュを取り外せることで掃除が簡単にできます。さらにその奥にあるフロントファンも掃除できます。吸気口をしっかりメンテナンスすることで熱暴走を防げるので、PCゲーマーにとって非常に嬉しい仕様です。

床置きを前提に設計している?

電源ボタンは上側に付いています。インターフェイスも近い場所にあります。しかもインターフェイスは斜め上方向を向いています。机の上に置いた場合は手が届きにくいですが、床置きした場合は一転してとても使いやすくなります。

無理して手を伸ばさなくても電源ボタンに届きますし、USBメモリやSDカードをすんなりと挿入できます。こうやってみると床置きを前提とした設計に思えます。インターフェイスはマルチカードリーダー、USB3.0 x2、USB2.0 x2、マイク入力、スピーカー出力です。

GeForce GTX1080はMSI製

NEXTGEAR i660PA1-SH2-GGの内部を見てみると、ちょうど真ん中にGeForce GTX1080があります。世界中で性能面・品質面での評価が高いMSI製です。フロントファンから風が直接当たる配置です。また、CPUとグラフィックボード、電源の距離が適切に離れているので温度が干渉しあうこともありません。

小型ゲーミングPC最大のデメリットは熱です。パーツ同士の距離が近いと温度が干渉し合い、熱暴走が発生する確率が急上昇します。でもNEXTGEARはやや大きめのPCケースのため、このように空間に余裕があります。何時間もオンラインゲームをしても温度が上がりにくい設計です。

拡張性が高い

ゲーミングPCを購入した後に「内蔵サウンドカードを取り付けよう」「グラボをSLIにしよう」と思うかもしれません。そんな時に必ず必要になるのが空きスロットです。NEXTGEAR i660PA1-SH2-GGはPCI Express ×16が1つ、PCI Express ×1が4つも空いています。

拡張性が高いため好きなパーツをあとから追加できます。「追加する、しない」はともかく、「追加できる、できない」は重要な要素です。パーツを追加しようと思ってもできなかったらどうしようもありません。

NEXTGEAR i660PA1-SH2-GGの性能

NEXTGEAR i660PA1-SH2-GGがゲーミングPCとしてどれくらいの性能を持っているか検証しました。

3DMARK

世界で一番有名なゲーム用ベンチマークソフト「3DMARK」を使いました。スコアは17638、他の96%のPCよりも良い成績です。ハイスペックPCとして申し分ないスコアです。これよりさらに高性能なゲーミングPCが求められることは今のところありません。

私がNEXTGEAR i660PA1-SH2-GGでゲームを遊んだところ、Overwatch、Fallout4、BF1、スターウォーズバトルフロント、ARK:Survival Evolved、The Division、マインクラフト(影MOD)、黒い砂漠等でそれぞれ最高画質にしても100fps以上出せました。

CrystalDiskMark

CrystalDiskMarkはストレージの読み込み速度、書き込み速度を計測するためのソフトウェアです。NEXTGEAR i660PA1-SH2-GGには256GB SSDと2TB HDDが搭載されています。

SSDの読み込み速度は560MB/sでした。HDDは211MB/sだったので2倍以上です。SSDとして十分な速度です。もう少しお金を出せるならSSDの容量を480GBにするか、高速なM.2 SSDにするのがおすすめです。

これだけ高性能なのにこの価格だなんて・・・。G-Tune様、利益出るんでしょうか・・・。とにかくハイスペックゲーミングPCの中ではダントツ1位でおすすめなので、以下のリンクから詳細を確認してみてください。