NEXTGEAR i680GA1-GG レビュー

10,000円安いハイスペックゲーミングPC!

G-Tune様とG-GEEKとのコラボPCが誕生しました。NEXTGEAR i680GA1-GGはコラボPCの中で一番高性能なゲーミングPCです。GTX1080を搭載しているため、有名オンラインゲームやSteamの最新PCゲームを高画質でプレイできます。

ただハイスペックなだけではありません。非常に安いのです。G-Tuneで販売されているGTX1080Ti搭載ゲーミングPCより10,000円も安いため、お買い得感が半端ないです。G-Tune様からNEXTGEAR i680GA1-GGをお借りしたのでレビューしてみます。

NEXTGEAR i680GA1-GGのパーツ構成

まずはNEXTGEAR i680GA1-GGにどんなパーツが採用されているのか確認してみましょう。

CPU Core i7-8700K(6コア/ 3.70GHz/ TB時最大4.70GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200)
グラフィックボード NVIDIA GeForce GTX1080Ti(11GB)
ストレージ 480GB SSD + 3TB HDD
チップセット インテル Z370 Express (ATX)
電源ユニット 700W(80PLUS GOLD)

本当に安いです。上で書いたようにG-Tuneの似たモデルより10,000円安いです。パーツを一緒にしたとしても6000円も安いです。ドスパラで似たようなゲーミングPCを探してみたら249,980円でした。比較してみたらNEXTGEAR i680GA1-GGは30,180円も安いです。

ただでさえ安いG-TuneのゲーミングPCがさらに安くなっているわけです。3万円の価格差はさすがに見過ごせないはずです。コスパにおいてこのゲーミングPCに勝るモデルなんて存在しないのではないでしょうか。

性能に関する話をするとGTX1080Tiはとてもおすすめです。重いゲームを1920×1080でプレイする場合、GTX1070Tiでも中画質が限度だったりします。高画質で144fps以上出そうとすると、どうしてもGTX1080Tiが必須になってきます。つまりNEXTGEAR i680GA1-GGは「新しいゲームを高画質で144fps以上出したい」人におすすめです。

NEXTGEAR i680GA1-GGの特徴

デザインがCOOL!

ぶっちゃけ日本製のゲーミングPCってダサいのが多いと思います。でもG-TuneのNEXTGEARシリーズはカッコいいです!ゲームらしさを感じさせるデザインなのに決してゴテゴテしているわけではありません。なんていうかバランスがいいですよね。

性能が高いのも魅力です。NEXTGEAR-MICROシリーズに比べて高性能なゲーミングPCがたくさんあります。性能だけでなく拡張性や使いやすさもNEXTGEARシリーズのほうが優れています。

床置きを前提に設計している?

電源ボタンは正面に付いています。しかしインターフェイスは上部についていて、上を向いています。机の上に置いた場合は手が届きにくいですが、床置きした場合は一転してとても使いやすくなります。

無理して手を伸ばさなくても電源ボタンに届きますし、USBメモリやSDカードをすんなりと挿入できます。こうやってみると床置きを前提とした設計に思えます。インターフェイスはマルチカードリーダー、USB3.0 x4、マイク入力、ヘッドホン出力、HDMI映像出力、マルチカードリーダーです。

CPUクーラーはCOOLERMASTER製

G-TuneのゲーミングPCはあの有名なCOOLERMASTER製のCPUクーラーを標準装備しています。冷却効果が高いことからとても人気のあるCPUクーラーです。実際にベンチマークソフトや重いゲームを動作させても、70度程度までしか上昇しませんでした。

Core i7-8700Kが最大70度というのは驚異的です。普通なら80度を越えてもおかしくありません。しっかりCPUを冷やしてくれるおかげで、暑い時期に長時間ゲームをプレイしたとしても、常に安定した動作をしてくれるので安心です。

GeForce GTX1080TiはZOTAC製

NEXTGEAR i680GA1-GGの内部を見てみると、ちょうど真ん中にGeForce GTX1080Tiがあります。世界中で性能面・品質面での評価が高いZOTAC製です。底面の吸気から風が直接当たる配置です。また、CPUとグラフィックボード、電源の距離が適切に離れているので温度が干渉しあうこともありません。

小型ゲーミングPC最大のデメリットは熱です。パーツ同士の距離が近いと温度が干渉し合い、熱暴走が発生する確率が急上昇します。でもNEXTGEARはやや大きめのPCケースのため、このように空間に余裕があります。何時間もオンラインゲームをしても温度が上がりにくい設計です。

拡張性が高い

ゲーミングPCを購入した後に「内蔵サウンドカードを取り付けよう」「グラボをSLIにしよう」と思うかもしれません。そんな時に必ず必要になるのが空きスロットです。NEXTGEAR i680GA1-GGはPCI Express ×16が1つ、PCI Express ×1が4つも空いています。

拡張性が高いため好きなパーツをあとから追加できます。「追加する、しない」はともかく、「追加できる、できない」は重要な要素です。パーツを追加しようと思ってもできなかったらどうしようもありません。

NEXTGEAR i680GA1-GGの性能

NEXTGEAR i680GA1-GGがゲーミングPCとしてどれくらいの性能を持っているか検証しました。

3DMARK FireStrike

世界で一番有名なゲーム用ベンチマークソフト「3DMARK FireStrike」を使いました。スコアは22091、他の98%のPCよりも良い成績です。ハイスペックPCとして申し分ないスコアです。これよりさらに高性能なゲーミングPCが求められることは今のところありません。

私がでゲームを遊んだところ、PUBG、Overwatch、Fallout4、BF1、スターウォーズバトルフロント、ARK:Survival Evolved、The Division、マインクラフト(影MOD)、黒い砂漠等でそれぞれ最高画質にしても100fps以上出せました。

これだけ高性能なのにこの価格だなんて・・・。G-Tune様、利益出るんでしょうか・・・。とにかくハイスペックゲーミングPCの中ではダントツ1位でおすすめなので、以下のリンクから詳細を確認してみてください。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら