NEXTGEAR i690SA2-GG レビュー

8,400円安いハイスペックゲーミングPC!

G-Tune様とのコラボPCの中で一番割引額が多いのがNEXTGEAR i690SA2-GGです。比較対象となるゲーミングPCとCPUがちょっと違いますが、カスタマイズで同一パーツにすると8,400円も安いです。RTX2070にメモリ16GB、さらにSSDまで搭載しているのにこんなに安いのはNEXTGEAR i690SA2-GGだけだと思います。

この記事ではNEXTGEAR i690SA2-GGをレビューしつつ、RTX2070がなぜおすすめなのか、他のコラボPCであるNEXTGEAR i690GA2-GGNEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGとどんなところが違うのか解説していきます。

NEXTGEAR i690SA2-GGのパーツ構成

まずはNEXTGEAR i690SA2-GGにどんなパーツが採用されているのか確認してみましょう。

CPU Core i7-9700K(8コア/ 3.60GHz/ TB時最大4.90GHz)
メモリ 16GB(PC4-19200)
グラフィックボード NVIDIA GeForce RTX2070(8GB)
ストレージ 480GB SSD + 3TB HDD
チップセット インテル Z390 Express (ATX)
電源ユニット 700W(80PLUS GOLD)

NEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGとはグラフィックボード、CPU、メモリ、ストレージ容量、電源ユニットが違います。NEXTGEAR i690GA2-GGとはグラフィックボードが違います。このモデルに関しては「一番バランスを重視して、すべてのゲームがサクサクになる」ようにパーツを選んでいます。

メモリって多ければ多いほど嬉しいのは間違いありません。なんだかんだ今だと16GBが常識になりつつあります。速度に関してはPC4-19200で統一されています。最近のゲーミングPCに搭載されているメモリはどれもPC4-19200になりました。少し前のPC4-17000より高速です。

電源が700Wあるのもいいですね。500Wだと別のグラフィックボードに交換しようと思った時に電源容量不足で使えないかもしれません。700Wならハイエンドグラフィクボードでも大丈夫です。自分で電源を交換するなんてとてつもなく面倒ですから、後々のことを考えたら電源容量が多いほうが嬉しいのです。

NEXTGEAR i690SA2-GGの特徴

使い勝手抜群のPCケース!

NEXTGEARシリーズの特徴についてはNEXTGEAR i690GA2-GGのレビューで詳しく書きました。

軽くまとめると、NEXTGEARのほうが拡張性が高く、床置きに適したデスクトップです。手前のインターフェイスが上部に搭載されているため、床置きしても手が届きやすいんですよね。正面の中央とかにあると電源ボタンを触るために、頑張って手を伸ばさなければなりませんよね。

GeForce RTX2070はちょうどいい

ゲーミングPCはグラフィクボードが肝です。G-Tune様とのコラボPCはGTX1060、RTX2070、RTX2080のラインナップです。少し古いゲームや軽いゲームならGTX1060がおすすめです。しかし最新ゲームをやるならRTX2070以上が欠かせません。

なぜなら2016年後半からGTX1060を推奨するゲームが出てきました。Fallout4、The Division、Far Cry Primal、スターウォーズバトルフロント、ダークソウル3、Just Cause 3、Quantum Break等有名なPCゲームはどれもGTX1060 3GBが必要です(GTX970推奨=GTX1060 3GB推奨)。

つまり今はまだGTX1060でも大丈夫だったとしても2019年からはRTX2070を推奨するゲームがどんどん出てきます。これはもう過去のゲーム業界の流れを見てきた私は断言できます。

実際、すでに最低画質にしてもGTX1060だと60fps安定しないゲームもあります。多くのゲームは標準画質、高画質はRTX2070で60fps以上出ます。つまり標準画質でいいならRTX2070がおすすめです。「絶対に144fps以上で安定させたい」「高画質や最高画質でプレイしたい」と思うならRTX2080のほうがおすすめです。この辺りは自分のプレイスタイルや予算次第です。

GTX1070Tiのインターフェイス

RTX2070はMSIの製品で、インターフェイスはUSB Type-C、HDMI、DisplayPort x 3です。

USB Type-C、HDMI、DisplayPortのどれを使うか、をパソコン初心者は悩みがちです。でもどれでもいいです。60Hz液晶モニターを使っている限り、違いはほぼありません。ただ、144Hz液晶モニターを使うならDisplayPortがおすすめです。

CPUはCore i7-9700K

ゲーミングPCにおいてCPUの優先度は低めです。グラフィックボード、SSD、メモリの次くらいです。私は新しいゲームや重いゲームをプレイするならCore i5よりもCore i7のほうがおすすめしたいので、Core i7-9700Kは一番良い選択肢です(Core i7を推奨するゲームが急増しているため)。

Core i7-8700かCore i7-9700Kにするかは悩みどころです。ゲーミングPC業界ではCore i7-9700Kが人気No.1でド定番です。また、RTX2070との組み合わせにはぴったりだと判断し、今回はCore i7-9700Kを採用しました。

拡張性高し!SLIもイケる!

拡張スロットはPCI Express ×1が3つ、PCI Express ×16(x4として動作)が空いています。PCI Express ×1は3つ空いていると言っても実質使えるのは2つです。

もしもRTX2070のすぐ下にある拡張スロットを使ってしまうと、RTX2070のファンを塞いでしまい、エアフローの邪魔になります。RTX2070の温度が上がって熱暴走になる危険性があります。もしもサウンドカードのようなパーツを追加するなら、一番下のスロットに挿しましょう。

NEXTGEAR i690SA2-GGの性能

NEXTGEAR i690SA2-GGがゲーミングPCとしてどれくらいの性能を持っているか検証しました。

3DMARK FireStrike

世界で一番有名なゲーム用ベンチマークソフト「3DMARK FireStrike」を使いました。スコアは19740、他の95%のPCよりも良い成績です。GTX1060を搭載したNEXTGEAR-MICRO im610SA1-GGよりも約1.9倍も高性能ということになります。

画像を見るとわかるように「HTC Vive/Oculus Rift min spec」(Oculus Rift推奨スペック)を遥かに上回っています。これからのゲームをやるのに充分な性能です。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら