グラフィックボードの選び方。ゲーミングPCの性能はここで決まる!

ゲーミングPCは最初にグラフィックボードを選ぼう

ゲーミングPCと普通のパソコンの違い。それはグラフィックボードが搭載されているか否かです。ほとんどのオンラインゲームは3Dグラフィックです。CPUやマザーボードのパワーだけでは3Dゲームを動かすのは困難です。

例えば軽いと言われているドラクエ10でさえ、グラフィックボードを搭載したデスクトップやノートPCでなければ快適にプレイできないのです。だからこそグラフィックボードの選び方は重要です。

GeForceの最新世代がおすすめ

NVIDIA GeForceとAMD Radeonの違いは?

グラフィックボードのメーカーは2つあります。NVIDIA GeForceシリーズとAMD Radeonシリーズです。世界的に高いシェアを誇るのはNVIDIA GeForceシリーズです。でも一部の自作PC好きの人達にはAMD Radeonシリーズのほうが人気があります。

AMD Radeonシリーズのほうが若干格安なのですが、私はNVIDIA GeForceをおすすめします。その理由はゲームの最適化です。グラフィックボードを動かすドライバと呼ばれるソフトウェアにより「ゲームをさらにサクサクにする」ことが可能です。

NVIDIA GeForceシリーズのドライバは頻繁にアップデートし、各種ゲームへの最適化を進めています。ゲームの最適化によりフレームレートが向上するわけです。世界中で大ヒットしたFPS「バトルフィールド:ハードライン」が推奨グラフィックボードとしてNVIDIA GeForceシリーズを認定しているのも、この最適化が重要なポイントになっています。

またゲーミングPCに搭載されるグラフィックボードもNVIDIA GeForceシリーズばかりです。ゲーミングPC業界が認めたグラフィックボードなのです。AMD Radeonシリーズ搭載ゲーミングPCは少ししかなく、自分にぴったりのをデスクトップやノートPCを見つけられません。選択肢の多さ、ゲームの最適化、人気の度合いを考えれば、NVIDIA GeForceシリーズを選ぶべきです。

GeForce GTX10シリーズはコスパ抜群

古いグラフィックボードと新しいグラフィックボードを比較した場合、絶対に新しいグラフィックボードのほうが高性能です。でも性能だけが優れているわけではありません。コスパも良くなっています。

例えばGeForce GTX960とGeForce GTX1060を比較してみましょう。GeForce GTX1060はGTX960の後継機です。性能が若干アップしました。普通ならGTX960よりもGTX1060のほうが価格が高くなるはずですよね。

実際、グラフィックボード単体ならGTX1060のほうが高額です。しかしゲーミングPCの価格は一緒です。GTX960搭載デスクトップと同じ価格でGTX1060搭載デスクトップが販売されています。だから古いグラフィックボードを搭載したゲーミングPCを選ぶのって非常に損です。コスパを意識した選び方をするなら、絶対に最新世代のグラフィックボードを選ぶべきです。

G-Tuneで選べるグラフィックボード

G-Tuneは人気のグラフィックボードが揃っています。逆に不人気のグラフィックボードを搭載したゲーミングPCは販売していません。そういう意味では失敗する危険性のない、ありがたいゲーミングPCメーカーと言えるでしょう。

ではデスクトップとノートPCでそれぞれどんなグラフィックボードが用意されているかをご紹介します。

G-Tuneのデスクトップ用グラフィックボード

この記事を書いている現在、G-Tuneにあるデスクトップ用グラフィックボードは以下のとおりです。

GeForce GTX950
GeForce GTX1060
GeForce GTX1070
GeForce GTX1080
Radeon R9 285
Radeon R9 290X

余程のこだわりや理由がない限り、Radeonシリーズを選ぶ意味はありません。そしてGTX950は安いですが、GTX1060も十分安いですし高性能です。高性能ということはGTX1060を選んだほうがゲーミングPCを長く使えます。

低性能な格安ゲーミングPCは「最新ゲームをプレイしたい!」と思った時に動かせませんし、すぐに買い替えのタイミングがやってきてしまいます。「長く使えるか」「新しいゲームも遊べるか」を考慮することって大切です。

つまり候補はGTX1060、GTX1070、GTX1080です。この中ではGTX1060は一番安くて低性能、GTX1080は一番高くて高性能です。選び方としてはコスパとゲームの重さを意識しましょう。

軽いゲーム・古いゲームにはGTX1060がおすすめ

GTX1060は人気ランキング1位のグラフィックボードです。GTX1060さえあれば、とりあえずすべてのオンラインゲームを動かせます。また非常に安く、G-TuneのNEXTGEAR-MICROには13万円台のGTX1060搭載デスクトップがあります。

所謂ミドルスペックですね。FF14、PSO2、MHF、ドラクエ10、AVA、SF2、SA、CSO、LoL、Dota2のようにサービス開始から何年も経過しているオンラインゲームにはGTX1060が最適です。最高画質に設定してもサクサクです。

しかし最新オンラインゲームにはギリギリの性能です。特にOculus RiftやHTC ViveのようなVRゲームでちょっと重く感じます。これから登場する重いオンラインゲームではカクカクになる可能性もあります。

画質や解像度を低くするのはおすすめしません。ゲームのお面白さが失われてしまいます。最低でも標準画質、できれば高画質で、さらに解像度は1920×1080の設定で快適にプレイできるグラフィックボードを選ばないと後悔します。

G-TuneのGTX1060搭載ゲーミングPCを比較

性能もコスパも素晴らしいGTX1070

万人におすすめできるのはGTX1070です。GTX1070はGTX1060よりも遥かにコスパが良く、しかも高性能です。GTX1060ではギリギリだったOverwatchやCoD:BO3を最高画質に設定しても60fpsをキープできます。新しいゲームをどんどんプレイしていきたい人には最適なグラフィックボードです。

前世代のGTX970と比較しても格段に性能アップしていて、3.5GB問題などのトラブルも一切ありません。そもそもGTX1070はビデオメモリが8GBもあるので、現状のオンラインゲームで足りなくなることは絶対にありません。Oculus RiftやHTC ViveのようなVRデバイスにも最適です。

G-TuneのGTX1070搭載ゲーミングPCを比較

最高の環境を長持ちできるGTX1080

GTX1070よりも高性能で、コスパは同等、そして何も問題がない完璧とも言えるグラフィックボードがGTX1080です。最近2chの自作スレではGTX1080をおすすめする人が増えてきています。

最強グラフィックボードの性能は凄まじく、激重だと言われている最新オンラインゲームもヌルヌルです。最高の環境を手に入れたいならGTX1080を選びましょう。特に対戦型FPSの場合は、他のプレイヤーのよりも有利になるので勝率がアップするメリットがあります。

GTX1070よりもハイスペックということは、GTX1070よりも長持ちすることを意味します。例えば普通なら3年でゲーミングPCを買い替えるところが、4年後や5年後でよくなるのでお得感があります。

G-TuneのGTX1080搭載ゲーミングPCを比較

G-Tuneのノート用グラフィックボード

G-TuneはゲーミングノートPCに強いメーカーです。グラフィックボード、画面の大きさ、液晶解像度など種類が豊富で、自分にピッタリのノートPCが必ず見つかります。イード・アワード2014年「ゲームPC部門」の「ノートPC部門」で最優秀賞を受賞していることからも高い評価を得ていることがわかります。

この記事を書いている現在、G-Tuneで販売しているゲーミングノートPCに搭載しているグラフィックボードは以下のとおりです。

GeForce GTX950M
GeForce GTX960M
GeForce GTX970M
GeForce GTX980M
GeForce GTX980M SLI

まずノートPCの場合、「ハイスペックだと液晶が大きい、低性能だと液晶が小さい」傾向があります。必ずしも当てはまるわけではないものの、G-Tuneでは一番性能の低いGTX960M搭載ノートPCが13.3型、最高性能のGTX980M SLIが17.3型になっています。

安いものを買おうとすると自然と画面が小さくなります。ゲーミングノートPCとして買うなら私は15.6型以上をおすすめします。13.3型は確かに小型で持ち運びに便利でしょう。しかし画面が小さすぎます。グラフィックの綺麗さもわかりにくいですし、チャットの文字が見にくかったり、FPSで遠くの敵を発見しにくかったりします。

その点、15.6型ならほとんどのグラフィックボード搭載モデルが揃っています。持ち運びも可能ですし、画面の見やすさも問題ありません。そしてプレイのしやすさを追求するなら17.3型ですが、大きすぎて持ち運びには不便です。

軽いゲームでも厳しいGTX950M

ノート用のGeForce GTX900Mシリーズはすでに幅広い製品が販売されています。ハイスペックから激安まで色々です。ただ、私はGTX960M未満の製品はおすすめしません。安いことは安いのですが、性能が低すぎてゲームに向いていないからです。

例えばドラクエ10でも解像度を低くしないとカクカクします。少なくともドラクエ10を1920×1080の標準画質でサクサク動くくらいの性能がなければ、ゲーミングノートPCとして購入しても意味がないと思います。

人気MMORPGや標準画質で遊べるGTX960M

というわけで最初に候補に上がるのがGTX960Mです。G-TuneのGTX960M搭載ゲーミングノートPCは最安値が9万円台です。この安さに惹かれて買う人が大勢います。安さの割に意外と性能がよく、人気のMMORPGを快適にプレイできます。

高画質や最高画質は厳しいけれども、標準画質でならドラクエ10、FF14、PSO2、MHF、ドラゴンネストなど人気のMMORPG、MORPGがサクサク動きます。

G-TuneのGTX960M搭載ゲーミングPCを比較

GTX970MならFF14が最高画質でもサクサク

GTX960Mよりも格段にハイスペックなのがGTX970Mです。GTX960Mだと標準画質で慣れけば無理だったFF14が、GTX970Mなら最高画質でもヌルヌルだからです。60fpsを維持できるため重要なボス戦でも思い通りの操作が可能です。

G-TuneのGTX970M搭載ゲーミングノートPCは最安値が13万円台です。ゲーミングノートPCとしてはかなり安い方です。「ハイスペックノートPC」と「ハイエンドノートPC」の2タイプがあって迷うかもしれません。

違いはCPUです。グラフィックボードとは関係ありません。CPUの選び方に関わる話なのでここでは深く書きません。結論だけ書くとノート用CPUを搭載した安い方がおすすめです。

G-TuneのGTX970M搭載ゲーミングPCを比較

GTX980Mはデスクトップ級にハイスペック

GTX980Mなら最新ゲームもプレイできます。「新しく買ったゲームが動かない!」なんて事態にならないので安心です。G-Tuneでは15.6型と17.3型があります。多くのBTOメーカーでは17.3型しかないので、15.6型のハイスペックノートPCが欲しい方には嬉しいですね。

そしてGTX980M SLIもあります。これはノートPCにGTX980Mが2枚積み込まれています。その性能はハイスペックを越えてハイエンドです。ハイスペックデスクトップよりもさらに高性能です。3DMARKというベンチマークソフトで性能を計測したところ、トップ4%に入りました。GTX960搭載デスクトップでトップ30%くらいですから、ノートPCとは思えない桁違いの性能です。

ゲーミングノートPCでFPSをプレイしたい方にはぴったりではないでしょうか。だってデスクトップよりもヌルヌルなのですから明らかに有利ですよね。勝利を追求するガチゲーマーにおすすめです。

G-TuneのGTX980M搭載ゲーミングPCを比較