比較して分かった!G-Tuneと他のメーカーとの違い

新しいゲーミングPCを買う時、まず最初に何を決めますか?あるいは何で迷いますか?ほとんどの人は「どのゲームを快適にしたいのか」「予算はいくらまでか」を最初に決めます。そして「どのメーカーにするか」で迷います。

ではG-TuneのゲーミングPCを買った人は、なぜG-Tuneを選んだのでしょうか。他のメーカーよりも良いところを見つけたから選んだはずです。G-Tuneの優れているところって一体全体どんなポイントでしょうか。

評価や評判も調べつつ、G-Tuneと他のメーカーを比較してみたところ、違いがはっきり見えてきました。どんな違いがあるのか、G-Tuneの長所をご紹介します。

G-Tuneはとにかく価格が安い

一番の違いです。G-Tuneは明らかに他のメーカーよりも安い価格でゲーミングPCを販売しています。価格比較すると「えっ?」と戸惑うレベルです。だから安いゲーミングPCを探しているなら、まずはG-Tuneを第一候補に考えてください。

本当に安いのか比較してみましょう。2017年に人気のパーツ構成を対象にしてみましょう。(ただし、価格は頻繁に変動します。この記事を書いている時点での価格を参考にしました。最新価格は公式サイトをご覧ください。)

GeForce GTX1060 + Core i5 + メモリ8GB

G-Tune 「NEXTGEAR-MICRO im550SA8」
94,800円

G-GEAR 「GA7J-C63/E」
97,800円

ドスパラ 「ガレリア DT」
109,980円

GeForce GTX1070 + Core i7 + メモリ8GB

NEXTGEAR-MICRO im560GA5
129,800円

G-GEAR GA7J-H63/ZE
136,800円

ガレリア XF
149,980円

GeForce GTX1060 + Core i7 + メモリ8GB

NEXTGEAR-NOTE i5500SA1
109,800円

15GSX7200-i7-REB
113,980円

ガレリア QF1060HE
129,980円

1000円、2000円の差ではありません。モデルによっては10000円以上の差があります。基本のパーツ構成は一緒なのにこんなに価格が違うんです。こうやって比較してみるとG-Tuneが最強に安いってことがわかりますよね。

Windows7 Home Premium搭載モデルが選べる

Windows8が発売されてしばらく経過したのにも関わらず、未だにWindows7がシェアNo.1です。Windows7のほうが使いやすくて人気があるからです。しかし最近、Windows7が買いにくくなっています。

Windows7 Home Premium搭載ゲーミングPCが選べなかったり、Windows8.1よりも高かったりと、マイクロソフトの戦略なのかWindows8.1を推し進めています。そんな中、マイクロソフトの猛攻に耐えているのがG-Tuneです。

私の知る限り、G-Tuneだけが「Windows7 Home PremiumをWindows8.1と同じ価格で買える」状態を維持しています。他のメーカーはWindows7 Proだけしか選べなかったり、Windows7 Home Premiumが4000円高かったりします。

PCケースのデザインがカッコイイ

G-Tuneのデスクトップは3種類あり、それぞれ特徴があります。CPUを変更できないので自由に選べるわけではありませんが、どれも優れたポイントがあります。

NEXTGEAR-MICROは冷却重視で長持ちする

NEXTGEAR-MICROはエアフローを極限まで追求したケースです。見るとわかりますが、前面はスカスカです。塞がっていません。これは空気を大量に吸い込んで、CPUやグラフィックボードを冷やすために考えられたデザインです。左側も大きなメッシュがあります。

内部も中央にスペースを用意して、空気の通り道をうまく作っています。ゲーミングPCはCPUやグラフィックボードが高性能なので熱対策が必要不可欠です。温度が上がると性能が下がり、ゲームがカクカクしてしまうからです。また、いつも高温だと故障率も上昇してしまいます。

だから動作の安定性や寿命の探さにおいてNEXTGEAR-MICROは圧倒的に優れています。前面のメッシュパーツはどれも取り外し可能なので、ホコリが溜まっても簡単に掃除できます。こんなゲーミングPC、G-Tuneにしかありません。

NEXTGEARは格好良くてハイスペック

私のおすすめはNEXTGEARです。デスクトップゲーミングPCで一番格好良いデザインだと思います。この見た目で選んでいる人もたくさんいます。でも見た目だけではありません。高性能で万能です。

NEXTGEAR-MICROと比較するとCPUが一段階高性能です。メモリは2倍です。電源は良い物を使っています。つまりゲーム、動画、その他作業がサクサクです。私はこれまでNEXTGEARを2台購入しました。超快適ですよ。

MASTERPIECEはハイエンドでマニア向け

基本的にはNEXTGEAR-MICROかNEXTGEARを選ぶのがおすすめです。どちらを選んでもオンラインゲームがサクサクになります。でもそれ以上の性能を求めるならMASTERPIECEが候補に上がります。

MASTERPIECEはG-Tuneのデスクトップでハイエンド枠です。目玉の機能はオーバークロックです。ケースの前面にオーバークロック用のボタンが設置されていて、ONにするとCPUとグラフィックボードの性能が向上します。

「へー」と思うだけかもしれませんが、画期的で革新的な機能です。通常オーバークロックをするためには再起動が必要です。他のメーカーにもオーバークロックPCがいくつか販売されていますが、再起動が必要だったり、CPUだけしかオーバークロックできなかったりと使い勝手が悪いのです。

しかしMASTERPIECEは再起動不要で、CPUとグラフィックボードの両方を一瞬でオーバークロックできます。同じパーツを搭載していてもフレームレートが結構変わります。少しでも有利になりたいというガチゲーマーの方におすすめです。

ゲーミングノートPCの充実度No.1

ノート派にとってG-Tuneは救世主です。ゲーミングノートPCを注力しているメーカーってG-Tuneとエイリアンウェアくらいです。他のメーカーはデスクトップばかりです。ノートは少ししか生産していません。

G-Tuneかエイリアンウェアの二択になるのですが、エイリアンウェアはいくらなんでも高すぎます。搭載パーツを見比べてみてください。CPU、メモリ、グラフィックボードが同じなのにエイリアンウェアのほうが5万円以上も高額です。だからゲーミングノートPCならG-Tuneしか考えられません。【2017年版】G-Tuneの評判ってどうなの?Twitterでの感想をまとめました、にも書いたようにゲーミングノートPCは評判がいいのです。

13.3型、15.6型、17.3型から選べる

嬉しい事にG-TuneのゲーミングノートPCは液晶サイズが豊富です。グラフィックボードを搭載しているため小型化って難しいはずです。けれどもG-Tuneは13.3型の小型モデルの開発に成功しています。しかも安い!最新世代のグラフィックボードを搭載していて10万円以内なんてノートPCもあります。

小型の格安なら13.3型、ミドルスペックからハイスペックを選べる万能な15.6型、ゲーム専用のハイスペックが17.3型って感じです。画面が大きいほうが価格も高くなる傾向があります。迷ったら15.6型がおすすめです。

超美麗!4K対応液晶搭載ノートもある

最近徐々に4K対応の液晶モニタやデバイスが増えてきています。ノートPCも例外ではありません。G-Tuneでは一部のゲーミングノートPCに4K対応液晶を採用しています。

「えー、4Kって別に大したことないんじゃないの?」と思ったあなた、実物を見たら絶対に考えが変わりますよ。私もそう思っていたのですが、G-Tuneガレージ(秋葉原の店舗)で実物を見たら感動しました。「なにこれ、めっちゃ綺麗なんだけど!」と震えましたよホント。

もちろんみんながみんな4K対応液晶が必要とするわけではありません。高解像度に対応していないゲームがまだ多いですからね。でもG-Tuneのチャレンジングな精神は評価したいです。ゲーミングPCメーカーの最先端を突き進んでいることは間違いありません。

デスクトップより高性能なノートがある

「ノートPCはデスクトップよりも性能が低い。」パソコンが生まれてからずっと続いている常識です。しかしここ1年でその常識が覆りそうになっています。

例えばGTX780とGTX780Mを比較すると、ノート用のGTX780Mはデスクトップ用のGTX780の半分の性能しかありませんでした。でも最新世代のGTX980MはGTX980の80%の性能にまで迫っています。ノート用グラフィックボードの性能が向上し、コスパも良くなってきているのです。

そしてG-Tuneには最強グラフィックボードと名高いGeForce GTX980Mが2つ搭載されたゲーミングノートPCがあります。GTX980搭載デスクトップなど相手にならないほどハイスペックです。ノートPCゲーマーがデスクトップゲーマーに勝利する時代がやってきました。

自分好みのサポートが選べる

G-Tuneは安くて、デザインが良くて、デスクトップもノートもたくさんある。でもそれだけではありません。BTOゲーミングPCで大切なサポートが残っています。自作ではなくBTOを選ぶ理由がここにあります。

G-Tuneの母体はあの有名なマウスコンピューターです。歴史のある世界的なパソコンメーカーです。個人向けも法人向けも信頼性が高く、評判を調べてみると「マウスコンピューターだから安心できる」なんて声が多いのです。

その証拠にあらゆるサポート体制が整っています。しかも「選べる」のが素晴らしいです。パソコン初心者なら手厚いサポートを選べますし、そこそこパソコンに詳しい人なら簡易サポートを選べます。

G-Tuneはセンドバック、ピックアップ、オンサイトの3種類のサポートがあります。センドバックは配送料をこちらが負担して、トラブルの発生したパソコンをG-Tuneに送ります。ピックアップは配送料をG-Tuneが負担してくれます。そしてオンサイトは担当者が自宅まで来てくれて、その場で修理してくれます。

さらに1年サポート、2年サポート、3年サポートと期間も組み合わせて選べます。私はセンドバックの3年サポートに申し込みました。素早く対応してくれてコスパも良い、ベストなサポートです。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら