G-Tuneで拡張性の高いデスクトップゲーミングPC

ゲーミングPCを買ってそのまま使い続ける人が大半だと思いますが、あとからパーツを追加したい人もいます。例えばメモリ増設、SSDやHDDの増設、サウンドカードの追加・・・等々。

しかしデスクトップゲーミングPCには拡張性の高いものもあれば低いものもあり、せっかくメモリを増設しようとしても、まったくできない可能性があります。

だからあとから増設や改造をする予定なら拡張性の高いゲーミングPCを買うことをおすすめします。ではG-TuneのデスクトップゲーミングPCで拡張性の高いモデルはどれなのでしょうか?

G-TuneゲーミングPCの拡張性を比較

G-TuneのデスクトップゲーミングPCは大まかに4種類あり、基本的には大型のPCケースのほうが高い拡張性を備えています。大型から順に並べると以下のようになります。

  1. MASTERPIECE
  2. NEXTGEAR
  3. NEXTGEAR-MICRO
  4. LITTLEGEAR

でもこれがそのまま拡張性の高い順とは限りません。注目すべきはマザーボードとチップセットです。なぜならゲーミングPCに搭載されているマザーボードによって拡張性が決まるからです。

小型デスクトップなら小さいマザーボードしか搭載できなく、自然と拡張性も低くなってしまいます。また、同じMASTERPIECEシリーズでもマザーボードが違う場合があり、拡張性に差が生まれます。

シリーズ チップセット メモリスロット 拡張スロット ストレージ
MASTERPIECE i1640 Z390 最大4つ(最大64GB) PCI Express x16、PCI Express x1が3つの空き 2.5インチが1つの空き
NEXTGEAR i690 Z390 最大4つ(最大64GB) PCI Express x16、PCI Express x1が3つの空き 3.5インチが1つ、2.5インチが1つ、スリムODDベイが1つの空き
NEXTGEAR-MICRO im620 Z390 最大4つ(最大64GB) PCI Express x16、PCI Express x1が1つの空き 3.5インチが2つ、スリムODDベイが1つの空き
NEXTGEAR-MICRO im610 B360 最大2つ(最大32GB) PCI Express x1が1つの空き 3.5インチが2つ、スリムODDベイが1つの空き
LITTLEGEAR i330 B360 最大2つ(最大32GB) 空きなし 3.5インチが2つ、スリムODDベイが1つの空き

このように比較してみるとNEXTGEARシリーズのZ390チップセットが最も拡張性の高いデスクトップだとわかりました。MASTERPIECEのX399系統が出てきたらまた違った結果になるでしょう。

ストレージベイに違いが出ているのはマザーボードというよりもPCケースの仕様によるものです。いずれにしてもNEXTGEARシリーズが優秀ですね。

なお、ここには記載しませんでしたが基本的にどのデスクトップゲーミングPCでもM.2スロットは2つ備わっています。M.2 SSD搭載のゲーミングPCを選ばなければ、2つ追加できると考えてください。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら