30万円で買えるG-TuneのおすすめゲーミングPC

30万円なら次世代パーツの爆速PCが手に入る

25万円と30万円とではゲーミングPCの性能に決定的な差があります。一見同じパーツを搭載していたとしても、実際の速度は2倍以上になります。だからオンラインゲームはもちろん、動画編集や配信をする際にヌルヌル度が段違いになるのです。

なぜそんな性能差が生まれるのか不思議ですよね。その秘密はパーツの世代にあります。現在一般的なゲーミングPCに搭載されているメモリはDDR3という世代です。「PC3-12800」なんて注釈があります。しかし30万円のゲーミングPCならDDR4(PC4-17000)が搭載されています。数値からもわかるように圧倒的に高速です。

30万円のグラボはGTX1080がおすすめ

GTX900シリーズでは最強のグラフィックボードはGTX980Tiでした。だから最強のゲーミングPCが欲しい場合は、GTX980TiかGTX980Ti SLIのようなハイエンドデスクトップを選ぶのが普通でした。

しかしGTX1000シリーズが発売されたことで状況が一変します。GTX1080はGTX980TiやGTX TITAN Xを遥かに上回る性能を持っています。しかもGTX1080はコスパ抜群のため、すでにGTX980Tiを選ぶ意味がなくなったのです。だからGTX1080を軸に他のパーツをどこまでハイスペックにするかを考えましょう。

30万円のG-TuneゲーミングPC

幸いなことにG-TuneにはハイエンドゲーミングPCが揃っています。しかもデスクトップだけでなくノートもです。本当におすすめできるものだけを厳選してみました。

MASTERPIECE i1620PA1

グラボ : GeForce GTX1080(8GB)
CPU : Core i7-7700K(4コア/4.20GHz)
メモリ : 32GB(PC4-19200)
容量 : 480GB SSD + 3TB HDD

税抜きだと25万円ですが、ここからさらにカスタマイズすると30万円以下に収まるデスクトップゲーミングPCです。

私なら電源ユニット、CPUクーラー、CPUグリスを変更します。あるいはSATA SSDとNVMe SSDに変更してさらなる爆速ゲーミングPCに仕上げるのもおすすめです。


MASTERPIECE i1710GA2

グラボ : GeForce GTX1080(8GB)
CPU : Core i7-6800K(6コア/3.40GHz)
メモリ : 32GB(PC4-17000)
容量 : 960GB SSD + 3TB HDD

30万円ぴったりくらいに収めたいなら、こちらのほうがおすすめです。CPUとメモリ量は負けていますが、正直なところ重いオンラインゲームでもこれくらいのスペックで充分です。ストレージは960GB SSDと豪勢ですね。SSDは容量が多いほうが高速になり、長期的に見て速度が落ちにくいので非常に使い勝手の良いゲーミングPCです。

やはり今ならハイエンドゲーミングPCにはGTX1080が一番人気です。みんなが待ち望んだグラボです。だから30万円の予算で買うには一番いいゲーミングPCだと思います。


NEXTGEAR-NOTE i7900BA1

グラボ : GeForce GTX1080(8GB)
CPU : Core i7-6700(4コア/3.40GHz)
メモリ : 16GB(PC4-17000)
容量 : 480GB SSD

ゲーミングノートPCにもハイエンドクラスがあります。なんとゲーミングノートPCなのにデスクトップ用グラフィックボードが搭載されています。

GTX1080は当然GTX1060やGTX980Mよりもハイスペックです。グラフィックボードだけでなくCPUやメモリもデスクトップ用なので高性能なだけでなく、コスパまで抜群です。弱点はストレージ容量だけです。SSD容量を増やすか、HDDを追加しましょう。