G-Tuneの144Hz液晶モニター搭載ゲーミングノートPC

デスクトップゲーミングPCではなくゲーミングノートPCを買うのはこれまでずっと勿体無いと思っていました。性能?コスパ?確かにそれもあるでしょう。

でも最も大きな違いは液晶モニターのリフレッシュレートです。リフレッシュレートが低い液晶モニターだと、せっかく高性能なゲーミングノートPCを買っても無駄になってしまうことがあるのです。

リフレッシュレートとは

リフレッシュレートとは液晶モニターの性能のひとつで、1秒間に何回描画するかを意味します。回数が多ければ多いほど滑らかな映像になるわけです。

ゲーミングノートPCは60Hzが一般的

デスクトップゲーミングPCなら自分で好きな液晶モニターを選べますよね。普通の液晶モニターは59Hzや60Hzです。これは1秒間に59回、あるいは60回描画するという意味です。

ゲーミングディスプレイならリフレッシュレートの高い製品が多く、120Hz、144Hz、240Hz等が揃っています。しかしほとんどのゲーミングノートPCは60Hzまでしか出せません。

例えばハイスペックなゲーミングノートPCを買ったとして、FPSで200fps出せたとしましょう。PCの内部では200fps出せているのに、60Hzだと液晶モニター上では60fpsになってしまいます。

60Hzと144Hzの違い

近年、144Hzに対応したゲーミングディスプレイが人気です。特にFPSのように狙いが重要で、キャラクターの動きがしっかり見えたほうが有利になるゲームでは、144Hzを使う価値があります。

だから、FPSに限らずMOBAや対戦アクションゲーム等でも144Hz以上のゲーミングディスプレイを使うのが常識になっています。2倍以上滑らかになれば当然有利になるのですから、わざわざ不利になる60Hzモニターなんて誰も使いたがりません。

144Hzに慣れていると60Hzなんて動きがもっさりしていて、本当に嫌になります。

G-Tuneの144Hz対応ゲーミングノートPC

実はG-Tuneには144Hzに対応したゲーミングノートPCがあります。他のBTOメーカーだと60Hzや120Hzが限界だったりするので非常に貴重です。

海外製のゲーミングノートPCには一部144Hz対応モデルがあるのですけど、どれも馬鹿みたいに高額です。G-Tuneならとても安くてコスパがいいのでおすすめです。

G-Tune E5-D

グラボ : GeForce RTX2060(6GB)
CPU : Ryzen 5 3500(6コア/最大4.10GHz)
メモリ : 16GB(PC4-21300)
容量 : 512GB NVMe SSD

重いFPSで144fps以上出したいならRTX2060以上を選びましょうRyzen 5にメモリ16GB搭載と格安の部類ですね。最新FPSで144fpsを維持するのは無理ですけど、そこまで重くないFPSなら大丈夫です。

ストレージだけはカスタマイズが必要です。512GB SSDだけではすぐに容量がいっぱいになってしまいます。最近のPCゲームは100GBくらいの容量がありますからね。1TB HDDを追加してから購入するのがおすすめです。


G-Tune H5

グラボ : GeForce RTX2070 SUPER(8GB)
CPU : Core i7-10875H(8コア/最大5.10GHz)
メモリ : 16GB(PC4-21300)
容量 : 512GB NVMe SSD

144Hzではなく240Hz液晶を搭載した最高仕様のゲーミングノートPCもあります。240HzならApexやOverWatchのように動きの激しいFPSで、がんがんマウスを振っても残像が残らないので視認性がばっちりです。

それにRTX2070 SUPERを搭載しているのもいいですね。最新FPSで144fps出せる性能だからとてもおすすめです。


G-GEEKおすすめPCはいつでも最安値!

当サイト「G-GEEK」からG-Tuneおすすめモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも1万円以上安いモデルがあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら