NEXTGEAR-MICROがリニューアル!何が変わったのか?その違いを比較します

2018年6月にG-TuneのゲーミングPC「NEXTGEAR-MICRO」が新しくなりました。これまでは冷却性を重視したメッシュの多さがウリでしたが、新しいNEXTGEAR-MICROは逆にメッシュが非常に少ないPCケースです。

どうやら他にも色々な違いがあるようです。この記事を書いている時点ではどちらのNEXTGEAR-MICROも売っているので、どちらを選ぶのがおすすめかも考えてみたいと思います。

エアフロー構造の違い

まず一番の違いはPCケースのエアフローです。旧NEXTGEAR-MICROは前と左から空気を取り込み、後ろと上に吐き出す構造です。ケースファンは前に2つ、上に1つ、後ろに1つです。たくさんの空気を取り込む構造になっているわけですが、メッシュが大きい分だけ逃げる空気も多い仕組みです。

一方で新NEXTGEAR-MICROは底面と右側から吸い込み、後ろに吐き出す構造です。前からも左からも吸気しないのは非常に珍しいです。底面から空気を取り込むとホコリが付着するのではないか?と勘ぐってしまいます。

床置きにするとデスクトップの下にホコリが溜まりやすいので定期的なメンテナンスが必要です。特にカーペットに置いてしまうと、沈んでしまう分だけ、吸気が損なわれてしまうかもしれません。だからできれば机の上に置いたほうがいいと思います。

デザイン性の違い

旧NEXTGEAR-MICROは黄色を基調としたデザインでした。メッシュが大きいためちょっともっさりした印象でした。個人的な意見ですが、あまり格好良いデザインではなかったと思います。

しかし新NEXTGEAR-MICROは黒と基調としたシンプルなデザインです。ゲーミングPCらしいサイバー感もしっかりありつつ、決して派手ではないのが素晴らしいです。私はこういうデザインがとても好きです。

フロントパネルの向き

使い勝手の話もしましょう。私は新NEXTGEAR-MICROのほうが使いやすいと感じます。なぜなら前面の接続端子(フロントパネル)が斜めになっているからです。ちょっと上を向いています。

床置きした場合、横にまっすぐだとUSB端子とかが挿しにくいんですよね。その点、斜めになっていれば床置きでも簡単に接続できますし、机の上に置いたとしても問題ありません。

完全に上に向けてしまうとUSB端子にホコリが溜まりやすかったり、机の上に置いてしまうと見えない上に手が届かなくなり非常に使いづらい等のデメリットがあります。だから斜めが最適解だと思います。

ちなみに旧NEXTGEAR-MICROは横向きでした。

サイドパネルをアクリルに変更可能

どちらのNEXTGEAR-MICROも左側のサイドパネルと透明なアクリルパネルに変更可能です。ただ、旧NEXTGEAR-MICROは「G-Tuneちゃん」のキャラクターが刻印されたアクリルパネル限定で、興味のない人には嬉しくないものでした。

新NEXTGEAR-MICROはキャラクターが描かれていないシンプルなアクリルパネルに変更可能です。ちゃんとオタクっぽくない格好良いゲーミングPCに仕上げることが可能です。

そしてアクリルパネルにするとワンタッチでサイドパネルを開閉できるようになります。頻繁にPC内部をメンテナンスしたい人はアクリルパネルに変更したほうがいいです。

新NEXTGEAR-MICROがおすすめ!

このように比較してみた結果、総合的には新NEXTGEAR-MICROのほうがおすすめです。エアフロー構造によるパーツの冷却性能は気になるところですが、きちんとテストして販売しているわけですから問題ないのでしょう。

おそらく旧NEXTGEAR-MICROはそのうち販売終了してしまうと思うので、もしも欲しいなら早めに購入したほうがいいです。

>> 新NEXTGEAR-MICROシリーズの詳細はこちら

>> 旧NEXTGEAR-MICROシリーズの詳細はこちら

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。