G-TuneのGTX1650搭載ゲーミングノートPCを比較

ゲーミングノートPCはグラフィックボードをまず選びます。ゲーミングノートPCのCPUはほぼ固定ですし、メモリやストレージは自由に増やせるからです。

ではとにかく安いゲーミングノートPCが欲しい場合にどのグラフィックボードを選べばいいかというと、GeForce GTX1650です。

GTX1650搭載ゲーミングノートPCは安い

ゲーミングノートPCのグラフィックボードはGTX1660Ti、RTX2060、RTX2070が定番です。ハイエンドなRTX2080もありますが40万円を超えるので人を選びます。

逆に一番安いものがいいならGTX1650です。GTX1650搭載ゲーミングノートPCなら基本的に15万円以下で買えます。GTX1660Ti搭載ゲーミングノートPCだと16万円以上するので、やはり格安派にはGTX1650がおすすめです。

ただしGTX1650搭載ゲーミングノートPCでもメモリを16GBにして、ストレージを多少増やすとあっさり15万円を超えてしまいます。予算に合わせてパーツのバランスを調整することが大切です。

安さを優先するならメモリ8GB、500GB SSDの組み合わせがおすすめです。もうちょっと快適に使いたいならメモリ16GB、250GB SSD + 1TB HDDがおすすめです。

おすすめのGTX1650搭載ゲーミングノートPC

G-TuneにはGTX1650搭載ゲーミングノートPCが何種類かあります。おすすめできるモデルだけを厳選してご紹介します。

NEXTGEAR-NOTE i5350BA1

グラボ : GeForce GTX1650(4GB)
CPU : Core i7-9750H(6コア/最大4.50GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 : 256GB NVMe M.2 SSD

G-Tuneで最もおすすめしたいGTX1650搭載ゲーミングノートPCです。メモリ8GBなのはいいですけど、ストレージが256GBしかないのはちょっと心許ないです。

PCゲームはひとつ50GBくらいの容量も珍しくありません。512GB NVMe SSDに変更するか、1TB HDDを追加して256GB NVMe SSD + 1TB HDDにするかのどちらかをおすすめします。


NEXTGEAR-NOTE i5360BA1

グラボ : GeForce GTX1650(4GB)
CPU : Core i5-9400(6コア/最大4.10GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 : 256GB SSD

こちらは最安値のGTX1650搭載ゲーミングノートPCです。面白いことにデスクトップ用CPUが搭載されています。ノート用CPUに比べると高性能なため、ゲームがサクサクになりやすいです。

ブロンズモデルだとCore i5、シルバーモデルだとCore i7です。もちろんCore i7のほうが高性能でサクサクになります。15万円以上出してもいいならシルバーモデルをおすすめします。


G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら