G-TuneのRTX2080Ti搭載ゲーミングPCを比較

RTX20シリーズ最終兵器「GeForce RTX2080Ti」の評価は非常に高いです。RTX2080やGTX1080Tiより遥かに高性能なため、ハイエンドなだけでなくコスパまで完璧なグラフィックボードとしてしばらく王者の座に君臨しそうです。

これまで144fps以上で安定しなかったような重いゲームもRTX2080Tiならしっかりヌルヌル動いてくれるため、FPSプレイヤーを始めとした最新ゲームが好きな人から人気があります。

RTX2080Tiをおすすめしたいワケ

具体的には最新FPS、ARK、FF15、各種VRゲームならまさにRTX2080Tiがぴったりです。高画質にするとRTX2080でも正直重いですから、RTX2080Tiを使う価値があります。また、単純にゲーミングPCの寿命が長くなるのが嬉しいです。

例えば今GTX1060搭載ゲーミングPCを購入したとして、2年後に最新ゲームを遊ぶのってかなり厳しいです。でもRTX2080Tiなら5年以上は最新ゲームをサクサク動かせるので、買い替えとかグラフィックボードの交換をしなくて済み、長期的なコスパを比較するとRTX2080Tiのほうがおすすめなんですよね。

G-TuneのRTX2080Ti搭載ゲーミングPC

RTX2080Ti搭載ゲーミングPCの価格を比較してみたところ、やっぱりG-Tuneは本当に安いです。安いだけでなくメモリ容量やストレージ容量が多くてコスパに優れています。

RTX2080Ti発売当初はモデルが少なかったですが、今はほとんどのデスクトップシリーズにRTX2080Ti搭載モデルが出揃ったのでどのような違いがあるのか比較してみます。

NEXTGEAR i690PA1-SP2

グラボ : GeForce RTX2080Ti(11GB)
CPU : Core i7-9700K(8コア/最大4.90GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 256GB NVMe SSD + 2TB HDD

性能やコスパで選ぶならNEXTGEARシリーズがおすすめです。なぜならCPUの性能やメモリ容量がちょうどいいのに格安だからです。ゲーミングPCで最初にスペック不足になるのってグラフィックボードとCPUです。

つまりハイエンドのRTX2080Tiを使っているなら、将来的にCPUが足を引っ張ることになります。CPUの交換は非常に面倒ですから、最初からCPUも高性能にしておいたほうが長く使えて後悔しません。


MASTERPIECE i1640PA1-SP2

グラボ : GeForce RTX2080Ti(11GB)
CPU : Core i7-9700K(8コア/最大4.90GHz)
メモリ : 32GB(PC4-19200)
容量 : 480GB + 3TB HDD

CPUはNEXTGEARと共通しています。でもこちらのほうがメモリは2倍、ストレージも大容量です。重いゲームを配信するならこれくらいハイスペックな方がおすすめです。

ただし、NEXTGEARをカスタマイズで同じスペックにしたほうが安くなる可能性があります。どれだけ安くなるかは時期によるので何とも言えませんが、実際に同一スペックにして価格比較することをおすすめします。


G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら