G-TuneのGTX960M搭載ゲーミングノートPCを比較

最安値は10万円以下!圧倒的人気のGTX960M搭載ノート

安物のゲーミングノートPCは買う価値がない。なんてのは過去の話で、GTX900Mシリーズになって性能、コスパ、熱対策がぐっと向上しました。特に人気があるのはGeForce GTX960Mです。

なんとG-Tuneには約10万円のGTX960M搭載ゲーミングノートPCがあります。例えばドスパラだと13万円台なのに、G-Tuneは10万円台です。もちろんCPUやメモリなどのスペックによって価格が変わるわけですが、安い選択肢があるのは良いことです。

GTX960Mは軽いオンラインゲームに最適

重いオンラインゲームをプレイしたいならGTX970MやGTX980Mをおすすめします。でもMHFやドラクエ10のように3Dでも非常に軽い部類のオンラインゲームならGTX960Mが最適です。むしろGTX970MやGTX980Mを買うのは勿体無いです。

重いと思われているFF14も低画質でならかなり快適に遊べます。画質にさえこだわらなければ、意外と多くのオンラインゲームを遊べるのです。だからどのBTOメーカーでもGTX960M搭載モデルが人気ランキング1位になっています。

ただ、G-Tuneには今のところGTX960M搭載ゲーミングノートPCは15.6型のNEXTGEAR-NOTE i5520シリーズしかありません。13.3型や17.3型はありません。でも15.6型が大きさと持ち運びやすさのバランスが一番良いので問題ないでしょう。

おすすめのGTX960M搭載ゲーミングノートPC

NEXTGEAR-NOTE i5520の中から用途別におすすめのGTX960M搭載ゲーミングノートPCをご紹介します。CPUやメモリだけでなくSSD搭載かどうかの違いもあるので、詳しく比較していきます。

NEXTGEAR-NOTE i5520BA1

グラボ : GeForce GTX960M(2GB)
CPU : Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
メモリ : 8GB(PC4-17000)
容量 : 500GB HDD

10万円台と非常に安い価格です。全体的なパーツもミドルスペックにまとまっていてコスパが良い印象です。

気になるところはせいぜいストレージくらいです。HDDが500GBだけでは足りません。せめてもう少し容量が欲しいですね。1TB HDDにするか240GB以上のSSDを追加すべきです。


NEXTGEAR-NOTE i5520SA1

グラボ : GeForce GTX960M(2GB)
CPU : Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-17000)
容量 : 480GB SSD

G-TuneのGTX960M搭載ゲーミングノートPCでおすすめしたいのがこのモデルです。ブロンズモデルの弱点であったストレージが強化されています。

まずHDDよりSSDのほうが5倍も高速なので普段使いの快適性が全然違います。ちょっと容量に不安があるのでHDDを追加すれば完璧です。メモリも2倍になっていますし、コスパ最強です。


NEXTGEAR-NOTE i5520GA1

グラボ : GeForce GTX960M(2GB)
CPU : Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-17000)
容量 : 256GB NVMe M.2 SSD + 1TB HDD

爆速にしたいならこのゲーミングノートPCがおすすめです。NVMe M.2 SSDはSATA SSDの約5倍も高速です。HDDと比較したら20倍以上です。一度使ったら二度と普通のSSDやHDDには戻れないほど快適です。

ただ、他のスペックはシルバーモデルと一緒ですし、NVMe M.2 SSDはちょっと高いので、普通のSSDが価格と速度のバランスがちょうどいいんですよね。徹底的にサクサク感にこだわりたいならこちらでもいいですが、コスパを重視するならシルバーモデルがおすすめです。