G-TuneのGTX1080搭載ゲーミングPCを比較

GTX1080が新たなスタンダードに!

ずっと待ち望んでいましたGeForce GTX1080!アーキテクチャがPascalに変わることで、大幅な性能アップが期待され、世界中の自作erがGTX1000シリーズの発売を待っていました。

GTX1000シリーズとして最初に発売されたのがGTX1080です。みんなの期待を裏切らないどころか、期待以上の性能のため品薄状態が続いています。でもG-Tuneなら売り切れなんてことはないので大丈夫です。

GTX1080はGTX980とは比較にならない性能で、70%以上も高性能になりました。さらにGTX980Tiよりもハイスペックなため、GTX1080こそが新たなスタンダードとなったのです。もう誰にでもおすすめできるグラフィックボードです。

G-TuneのGTX1080搭載ゲーミングPC

GTX1080搭載ゲーミングPCは20万円以上するのが普通です。でもG-Tuneだけは20万円よりずっと安い価格でGTX1080搭載ゲーミングPCを販売しています。ただ、パーツ構成は色々と違うので、どれが本当にコスパがいいのか比較してみます。

LITTLEGEAR i310PA7

グラボ : GeForce GTX1080(8GB)
CPU : Core i7-7700(4コア/3.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 240GB SSD + 2TB HDD

最安値はなんと18万円台です。他のBTOメーカーより1万円くらい安いです。しかもやや小型なデスクトップなので、置き場所に困っている人にはとても嬉しいゲーミングPCです。

パーツのバランスも非常に優れていて、カスタマイズすることなくこのまま購入してもいいくらいです。せいぜいSSDの容量を500GBにするくらいでしょうか。拡張性が低いのが難点ですがコスパ抜群のGTX1080搭載デスクトップです。


NEXTGEAR-MICRO im570PA8

グラボ : GeForce GTX1080(8GB)
CPU : Core i7-7700(4コア/3.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 240GB SSD + 2TB HDD

こちらも20万円以内です。うーん、G-Tuneは本当に激安ですね。GTX1080搭載ゲーミングPCはハイエンドだからVRゲームだってサクサク動くんですよ?それなのに20万円以内ってゲーマーには本当にありがたいです。

パーツを見てみるとメモリが16GBなのはいいですね。もう8GBでは足りなくなってきています。CPUと合わせて考えるとミドルスペックくらいです。ストレージはSSD + HDDになっているのでなかなかのバランスです。


NEXTGEAR i660PA1-Dustel

グラボ : GeForce GTX1080(8GB)
CPU : Core i7-7700K(4コア/4.20GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 480GB SSD + 3TB HDD

最強におすすめなのがNEXTGEARです。Core i7-7700KにDDR4メモリが16GBなのでGTX1080の性能をしっかり活かしてくれます。せっかくハイエンドなゲーミングPCを買うなら、これくらいのスペックにしておくべきでしょう。

他にメモリ32GBや64GBのモデルもありますが、さすがにそこまでのメモリ量は必要ありません。代わりにSSDの容量を増やしたり、爆速なNVMe M.S SSDにカスタマイズしたりすれば完璧です。