G-TuneのGTX1060搭載ゲーミングノートPCを比較

大幅性能アップ!GTX1060搭載ゲーミングノートPCはコスパ抜群

安物のゲーミングノートPCは買う価値がない。なんてのは過去の話で、GTX10シリーズになって性能、コスパ、熱対策がぐっと向上しました。特に人気があるのはGeForce GTX1060です。

GTX900Mシリーズで人気があったGTX960Mの後継機にあたるわけですが、凄まじい性能アップをしています。普通なら世代が変わったら1.3倍くらい性能がアップします。しかしノート用GTX1060はGTX960Mの2倍近くも性能アップしています。だからコスパ最強です。

デスクトップにもGTX1060がありますが。GTX1060 6GBを比較した場合、ノート用のほうが10~15%程度性能が低くなっています。しかしミドルスペックにも関わらずゲーミングノートPCであらゆるゲームが遊べるようになったわけですから、今ならゲーミングノートPCを買う価値アリです。

GTX1060なら大抵のオンラインゲームを遊べます

では具体的にGTX1060搭載ゲーミングノートPCはどんなゲームに向いているのでしょうか。まず古いゲームはすべて大丈夫です。2016年前半までのゲームなら全部サクサクです。

あとは新しくても軽いゲームも60fps以上出ます。向いていないのは重いFPSや最新ゲームです。例えばBF1がそうです。GTX1060搭載ゲーミングノートPCでもBF1を遊べますが、ギリギリのスペックなので相当画質を下げないと無理です。

だからFPSプレイヤーやSteamやOriginの最新ゲームを頻繁に遊ぶような人には、もっとハイスペックなGTX1070やGTX1080を搭載したゲーミングノートPCをおすすめします。

おすすめのGTX1060搭載ゲーミングノートPC

G-TuneにはGTX1060搭載ゲーミングノートPCとして「NEXTGEAR-NOTE i5530シリーズ」があります。標準的な15.6インチ液晶を搭載しています。ブロンズモデルやシルバーモデル等、スペックの違いがあるのでおすすめのモデルを3つ選びます。

NEXTGEAR-NOTE i5530BA1

グラボ : GeForce GTX1060(6GB)
CPU : Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
メモリ : 8GB(PC4-17000)
容量 : 240GB SSD

一番安いのがブロンズモデルです。約15万円です。これがどれくらい安いかというと、ドスパラ・パソコン工房・MSI等のGTX1060搭載ゲーミングノートPCよりも2万円以上安くなっています。

つまりG-Tuneが日本で最安値です。もしかしたら世界で一番安い可能性もあります(日本のBTOパソコンはそれくらい安い)。全体的なパーツはミドルスペックに収まっていますが、ストレージが240GB SSDしかないのでHDDを追加してください。


NEXTGEAR-NOTE i5530SA1

グラボ : GeForce GTX1060(6GB)
CPU : Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-17000)
容量 : 256GB M.2 SSD + 1TB HDD

おすすめしたいのはシルバーモデルです。まずブロンズモデルの弱点だったストレージ容量が改善されています。250GB SSD + 1TB HDDの組み合わせはデスクトップでもノートでも最も人気があります。しかもSSDはSATAよりも高速なM.2接続です。

それ以外にもメモリが16GBですからある程度重いゲームも遊べますし、動画編集だってサクサクです。すべての人におすすめできる素晴らしいゲーミングノートPCです。


NEXTGEAR-NOTE i5530PA2

グラボ : GeForce GTX1060(6GB)
CPU : Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
メモリ : 32GB(PC4-17000)
容量 : 512GB NVMe M.2 SSD + 1TB HDD

プラチナモデルはメモリ32GBです。メモリ32GBも必要なゲームは今のところありません。でも最新ゲームは16GBを推奨することが多いので32GBあったほうが安心なことは確実です。

またSSDも強化されています。SATA SSDが500MB/s、M.2 SSDが700MB/sだとするとNVMe M.2 SSDは2200MB/sです。同じSSDでもこんなに速度に違いがあるって知ってましたか?何もかもヌルヌル・サクサクにしたい人にはこのプラチナモデルがおすすめです。