20万円で買えるG-TuneのおすすめゲーミングPC

20万円なら誰もが満足できるゲーミングPCが買える

あなたがゲーミングPCのために20万円の予算があるなら、本当にラッキーです。というのも、今は20万円の予算が一番コスパの良いゲーミングPCが買えるからです。

デフォルトのパーツ構成なら15万円でもいいでしょう。しかしオンラインゲームも普段の操作も快適にしたいなら、やはりカスタマイズは必要です。それにゲーミングPCを長く使うために欠かせない冷却性もアップできます。

グラフィックボードはGTX1070TiかGTX1080

20万円あると組み合わせで悩みます。もしもオンラインゲームに特化させるならハイスペックなGTX1080がおすすめです。ただ、GTX1080を選んだ場合、カスタマイズの予算が少なくなるため優先度を考えなくてはいけません。

その点、バランスがいいのはGTX1070Tiです。正直、今のところGTX1070Tiさえあればどのオンラインゲームも高画質で遊べますし、SSD、CPU、メモリ、冷却パーツを強化しても20万円に収まるので、快適性も寿命も素晴らしいゲーミングPCが買えます。

20万円のG-TuneゲーミングPC

15~20万円のゲーミングPCはG-Tuneにたくさんあります。カスタマイズを含めたら膨大な種類に及びます。そこで私が厳選したデスクトップとノートPC、そしてカスタマイズをご紹介します。

NEXTGEAR i670SA1-GG

グラボ : GeForce GTX1070Ti(8GB)
CPU : Core i7-8700K(6コア/3.70GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 480GB SSD + 3TB HDD

私が使っているゲーミングPCに最も近い構成がこれです。コスパ抜群のGTX1070は本当におすすめです。また、CPUとメモリも性能がよく、最新オンラインゲームの推奨スペックを越えているので安心です。

20万円を越えてしまいますが、できればCPUクーラーを強化したいところです。冷却性をアップさせることでゲーミングPCが長持ちしますし、グラボやCPUの性能を安定化させてくれるので非常に重要です。


NEXTGEAR-MICRO im610PA1

グラボ : GeForce GTX1080(8GB)
CPU : Core i7-8700(6コア/3.20GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 1TB HDD/td>

GTX1080にするとグラフィック性能が15~20%ほどアップします。マイクラでMODをたくさん入れたりするならGTX1080のほうがおすすめです。数年先のことを考えると、当然ハイスペックな方がヌルヌルが長続きします。

でもカスタマイズに使える予算はほとんどありません。例えばCPUとCPUファンを高性能にしたらもうギリギリです。私ならCPUはそのままで電源ユニットを700Wにして、SSDを480GBにアップグレードします。


NEXTGEAR-NOTE i5540GA1-C

グラボ : GeForce GTX1060(3GB)
CPU : Core i7-7700HQ(4コア/2.80GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 256GB M.2 SSD + 1TB HDD

20万円のゲーミングノートPCならこれしか考えられません。他にも候補はありますが、解像度が無駄に高いのが多いのです。今は1920×1080で充分ですから、4K画質を選ぶのはまだ早いです。

GTX1070のグラボは予算オーバーになるので、やはり人気のGTX1060がおすすめです。カスタマイズはメモリを増やすか、SSDの容量を増やしましょう。


G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら