10万円で買えるG-TuneのおすすめゲーミングPC

G-Tuneの激安ゲーミングPCからデスクトップとノートを厳選

日本では15万円くらいのゲーミングPCが人気です。ハイスペックにしたい人は20万円以上のものを選びます。でもみんながそんな予算を用意できるわけではありません。10万円で買えるゲーミングPCを探している人も大勢います。

10万円という価格は1つの境界線で、エントリーモデルとミドルスペックを切り分けています。ただ、G-Tuneには一部10万円の予算で買えるミドルスペックが存在します。

10万円のゲーミングPCは軽いオンラインゲームにおすすめ

10万円のゲーミングPCだと選べるグラフィックボードは限られます。今ならGeForce GTX750くらいです。10万円を少し超えてもいいならGTX960が候補に入ります。

GTX750はあまり性能が高くないので、最新オンラインゲームはカクカクします。もう何年も続いているFF14やPSO2を低品質でプレイするのがギリギリです。けれども、ドラクエ10、FEZ、MHF-Gのように軽い3Dオンラインゲームなら高画質でも大丈夫です。

10万円のG-TuneゲーミングPC

NEXTGEAR-MICRO im570BA8-TV

グラボ : GeForce GTX1050(2GB)
CPU : Core i5-7400(4コア/3.00GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 : 1TB HDD

最安値は8万円台です。税込み価格にすると9万円弱になります。GTX1050搭載ということを考えても非常に安いです。10万円にはまだ1万円分の余裕がありますから、128GBか240GB SSDを搭載するのがおすすめです。

軽い3Dゲーム、2Dゲーム、ブラウザゲームには最適なデスクトップです。軽いゲームをやるのにわざわざ高性能なグラボを選ぶ理由はありません。


NEXTGEAR-NOTE i4400BA1

グラボ : GeForce GTX1050Ti(4GB)
CPU : Core i7-7700HQ(4コア/2.80GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 : 500GB HDD

10万円のゲーミングノートPCって貴重です。実際ほとんどありません。G-Tuneで最安値なのがGeForce GTX1050Ti搭載ノートPCです。

GTX1050Tiでも画質や解像度にこだわらなければ3Dオンラインゲームを遊べます。例えばドラクエ10、World of Tanks、World of Warships、PSO2等は60fps以上出ます。逆にフルHDの解像度でゲームを遊びたいなら15万円のゲーミングPCをおすすめします。