G-TuneでおすすめのCPUクーラー、CPUファン

ゲーミングPCのパーツで温度が上がりやすいのがCPUとグラフィックボードです。物によりますが80度くらいになるのも珍しくありません。

温度が低いほうが動作が安定するので、いかに冷却するかが重要です。幸いなことにCPUはCPUクーラーの種類によって冷却性能が変わるため、カスタマイズすることで簡単に熱対策ができます。

G-Tuneで選べるCPUクーラー

G-TuneのデスクトップゲーミングPCで人気なのがNEXTGEAR-MICROシリーズとNEXTGEAEシリーズです。どちらもCPUクーラーをカスタマイズできます。どのようなラインナップなのか見てみましょう。

NEXTGEAR-MICROのCPUクーラー

  • 標準CPUクーラー [ 標準 ]
  • 【高回転仕様】オリジナルトップフローCPUファン
  • 【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー
  • 【高い冷却性能と静音性を完全両立】水冷CPUクーラー

>> NEXTGEAR-MICROシリーズの一覧はこちら

空冷のCPUファンが3種類、水冷CPUクーラーが1種類用意されています。ここでは水冷ではなく空冷に注目します。水冷と空冷の違いについては「空冷ファンと簡易水冷ファンのメリット・デメリット」の記事をご覧ください。

標準CPUクーラーはトップフローのCPUファンです。900円かけると高速回転できるCPUファンに変更できます。2800円かけるとサイドフローのCPUクーラーになります。

私はCore i5ならトップフロー、Core i7ならサイドフローをおすすめしたいです。サイドフローのほうがヒートパイプが大きく、また前面からのエアフローを直接吸い込むことできるので冷却性能が高いのです。でもCore i5ならそこまで熱くならないのでトップフローで問題ありません。

NEXTGEARのCPUクーラー

  • 標準CPUクーラー [ 標準 ]
  • 【9cmFAN/ヒートパイプ式】オリジナル サイドフローCPUクーラー
  • [ 12cmファン×1基 ] Cooler Master Hyper 212 EVO
  • [ 12cmファン×2基 ] Cooler Master Hyper 212 EVO
  • 水冷CPUクーラー ( メンテナンスフリー型 )

>> NEXTGEARシリーズの一覧はこちら

NEXTGEAR-MICROシリーズのCPUクーラーとの違いは、「Cooler Master Hyper 212 EVO」のCPUファンを選択できるところです。静音性と冷却性能を兼ね備えているので、これが一番おすすめです。でもさすがに2つは必要ないと思います。

G-TuneのCPUファンのメーカー

「Cooler Master Hyper 212 EVO」はCooler Master製だと明記しています。しかし他のCPUファンはどのメーカーなのか書いてありません。ちょっと気になりますよね。

私がこれまでG-TuneのゲーミングPCをレビューしたり、実際に使ったりしてきた経験から書くと、G-TuneのCPUファンはほとんどCooler Master製です。

「標準CPUクーラー」もCooler Master製でした。水冷CPUクーラーはどのメーカーなのかよくわかりませんでしたが、基本的にはCooler Master製だと覚えておいて問題ないでしょう。

Cooler Masterは昔から有名で人気のメーカーです。そんなメーカーのCPUクーラーを採用しているG-Tuneはさすがですね。冷却の大切さをよくわかっています。だからどのCPUファンを選んだとしても後悔することはないですよ。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら