World of Tanks(WoT)に最適なグラボとおすすめゲーミングPC

WoTで60fps出すには高性能なゲーミングPCが必要

World of Tanks(WoT)がこんなに流行するとは予想していませんでした。でも実際にプレイしてみると初心者でもプレイしやすく、Tierによる成長要素が面白くて流行するのも納得できます。

でもWoTってグラフィックの割に重くないですか?最初に実況配信の動画で見た時は、「グラフィックはそんなに綺麗じゃないから軽そうだな」と思っていたのに実際にプレイしたら「うわ、めっちゃ重い・・・」と驚いたものです。

最低でもミドルスペックグラボが必須

WoTは画質設定によって重さが劇的に変わります。低画質ならミドルスペックゲーミングPCで大丈夫ですが、最高画質にするとハイスペックPCでも60fpsを維持するのが困難です。ただ、画質を上げても見た目がそこまでわからないので、標準画質か高画質がおすすめです。

ちなみにグラボやRadeonではなくGeForceを選んでください。WoTで採用されている物理エンジンは「PhysX」というもので、NVIDIA GeForceに最適化されています。だから同じ価格のグラボだとRadeonよりもGeForceのほうがヌルヌルになります。

今ならGeForce GTX960、GTX1060、GTX1070、GTX1080が候補に上がります。60fps出したほうが勝率が上がるので、標準画質ならGTX960、高画質以上ならGTX1060がおすすめです。

WoTにおすすめのG-TuneゲーミングPC

G-TuneにはWoT推奨PCがあります。BTOメーカーで唯一WoT推奨PCを用意しているので、WoTのためにゲーミングPCを買うならG-Tuneにすべきでしょう。(推奨モデルを名乗るにはWoT側の承認が必要です)

NEXTGEAR-MICRO im570BA6-WOT

グラボ : GeForce GTX960(2GB)
CPU : Core i5-6400(4コア/2.70GHz)
メモリ : 8GB(PC4-17000)
容量 : 1TB HDD

「標準画質でもいい!」「安いゲーミングPCが欲しい!」と願う方におすすめなのが、このデスクトップです。GeForce GTX960を搭載しているのに10万円を切っています。スペックを考えたら激安です。余談ですが、WoTにはCore i5のCPUで充分です。

1つ注意しなければならないのが、光学ドライブがついていないことです。DVDドライブがありません。一応あったほうがいいので、カスタマイズで追加するのを忘れないようにしてください。


NEXTGEAR-MICRO im570SA8-WOT

グラボ : GeForce GTX1060(3GB)
CPU : Core i7-6700(4コア/3.40GHz)
メモリ : 16GB(PC4-17000)
容量 : 240GB SSD + 1TB HDD

「WoTの実況配信がしたい!」「最高画質で60fps出したい!」という方にはGeForce GTX1060しかありません。むしろここまでのハイスペックPCでなければ、WoTの配信は無理です。それくらいWoTは重いのです。

他の2つのWoT推奨PCと比較してみると、CPUとメモリが強化されています。配信するならこれくらいのスペックがおすすめです。実況している時にカクカクして負ける、なんて恥ずかしいですよね。実況にしている時でも実力を100%発揮できる環境を整えましょう。


NEXTGEAR-NOTE i5520BA1-WOT

グラボ : GeForce GTX960M(2GB)
CPU : Core i7-6700HQ(4コア/2.60GHz)
メモリ : 8GB(PC4-17000)
容量 : 500GB HDD

WoT推奨ゲーミングノートPCもあります。ノートPCでWoTをやるならこれが一番安くておすすめです。カスタマイズするならSSDを240GBくらい加えてあげましょう。