League of Legends(LoL)に最適なグラボとおすすめゲーミングPC

LoLで勝てないのは低スペックが原因かも

MOBAジャンルのトップに君臨するのがLeague of Legends(LoL)です。世界中で愛されているオンラインゲームで、大会の賞金額は億単位になっているほどです。プレイヤー数が多いので勝ち抜くのはなかなか大変です。

でもLoLで勝てない原因ってなんでしょうか?操作、戦略、状況把握など色々考えられます。ただ、ランクがまたBronze, Silver, Goldの初心者が上達したいなら、まずは低スペックPCを使うのをやめるべきです。

LoLではスタンやサイレンスなど状態異常系のスキルが強く、先に当てると圧倒的有利な立場になります。でもスキルを使おうとした瞬間にカクカクしたら、一瞬遅れて敵のスキルをくらってしまいます。LoLトッププレイヤーはヌルヌルな環境でやっているのですから、低スペックPCではハンデを背負っているようなものです。

LoLにおすすめなグラボはGeForce GTX960

とは言ってもLoLではハイスペックPCは買わなくて大丈夫です。LoL自体が重くないので、ミドルスペックを選べば充分ヌルヌルになります。最低でも60fps以上をキープ、できれば144fps以上で安定するのが望ましいです。

デスクトップ用グラボだとGeForce GTX1060がおすすめです。現在世界で最も人気のあるグラボです。買いやすい価格なのに高性能なのでLoLにはぴったりです。ノート用グラボもGeForce GTX1060がおすすめです。これより低いスペックだと画面移動時や密集地帯でfpsが下がることがあります。

LoLにおすすめのG-TuneゲーミングPC

LoLで上達したい人、LoLの大会で勝ちたい人、ノートでLoLをプレイしたい人、など同じゲームをしていてもやりたいことや目指すことは異なります。そこでそれぞれの需要に応じて、おすすめのゲーミングPCをご紹介します。

NEXTGEAR-MICRO im570SA10

グラボ : GeForce GTX1060(3GB)
CPU : Core i5-7500(4コア/3.40GHz)
メモリ : 8GB(PC4-19200)
容量 : 240GB SSD + 1TB HDD

初心者におすすめなのはGeForce GTX1060を搭載した格安デスクトップです。GTX1060搭載ゲーミングPCとは思えないほど安いですね。他のBTOメーカーよりも1万円以上安い価格です。まさにミドルスペックのお手本とも言えるゲーミングPCです。


NEXTGEAR i660SA1-e-sports

グラボ : GeForce GTX1060(3GB)
CPU : Core i7-7700(4コア/3.60GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 240GB SSD + 2TB HDD

大会で勝ち抜くには絶対にフレームレートが落ちない環境が必要です。実はG-TuneにLEAGUE OF LEGENDS JAPAN LEAGUE 2016で使用されるゲーミングPCがあります。トッププレイヤーが実力を100%発揮できる素晴らしい性能です。LoLで勝ちたい人はこれを選びましょう。


NEXTGEAR-NOTE i5540SA1

グラボ : GeForce GTX1060(6GB)
CPU : Core i7-7700HQ(4コア/2.80GHz)
メモリ : 16GB(PC4-19200)
容量 : 256GB M.2 SSD + 1TB HDD

ノートでLoLをプレイするならGeForce GTX1060搭載モデルがおすすめです。LoLはもちろん、Dota2プレイヤーにも人気のノートPCです。性能としてはデスクトップ用グラボのGTX1060 6GBよりも10%低いくらいです。でもこの価格ならコスパ抜群ですね。