ダブル水冷とは?ゲーミングPCに良い効果を与えるのか

パソコンを冷やす方法は2つあります。1つはファン、もう1つは水冷です。ゲーミングPCのケースには必ずファンが搭載されていて、外部から空気を取り込んでいます。

一般的に水冷が使用できるのはCPUです。CPUクーラーをファンではなく水冷にすることで、ファンよりもCPUをしっかり冷やすことが可能です。

しかし水冷を適用できるのはCPUだけではありません。実はグラフィックボードも水冷にすることができます。ただ、BTOゲーミングCPUではグラフィックボードを水冷にすることが可能なのはどうやらG-Tuneだけです。

そしてCPUとグラフィックボードの両方を水冷にすることをダブル水冷を呼びます。このダブル水冷を採用しているのもG-Tuneだけです。

ダブル水冷の効果

水冷にする目的はパーツの温度を冷やすことです。パーツの温度が下がれば、気温の高い夏でもゲーミングPCが安定して稼働してくれます。また、熱によるパーツへの負担が減るためゲーミングPCが長持ちします。

ではダブル水冷で本当にファン(空冷)よりも温度が下がるのでしょうか。この疑問に答えるため、私が実際にダブル水冷のゲーミングPCを使ってみました。

すると効果適面。通常、CPUは60度以上、下手すると70度を超えるのに、最大50度程度で収まっていました。グラフィックボードも同様で、通常80度くらいまで上がるのに最大60度、平均40度くらいでした。

5度くらい下がればいいな、なんて思っていたので想像以上の効果です。確かにこのダブル水冷なら熱暴走なんて起きるわけがありません。特に部屋が熱くなりやすい人にはおすすめです。

ダブル水冷モデルは数種類

G-Tuneがダブル水冷を採用しているからといって、すべてのゲーミングPCに適用できるわけではありません。CPUは必ずCore i7です。Core i5の水冷はありません。

とはいえ、「Core i5はもう古い?ゲーミングPCのCPUはCore i7を選ぼう」の記事で解説したようにCore i7が主流ですから問題無いでしょう。

グラフィックボードは最新世代のハイスペックだけです。古い世代やエントリーモデルのダブル水冷はありません。でも大丈夫です。「グラフィックボードの選び方。ゲーミングPCの性能はここで決まる!」と記事を読めばわかるように、おすすめのグラフィックボードは最新世代のミドルスペック以上です。

G-Tuneの売れ筋を見てもこれらの条件に当てはまるものばかりです。だからきっとあなたが買おうとしているゲーミングPCと同じパーツ構成のダブル水冷モデルが見つかります。

SNSでもご購読できます。