初めてデスクトップゲーミングPCを買うなら周辺機器のお値段を忘れてはいけない

BTOメーカーでのデスクトップPCの購入は、基本的に本体価格のみが記載されています。

大手家電量販店であると、モニター、キーボード、マウスさらにはスピーカーまで一式で売られていることが多いです。

むしろ、最近では、大手家電量販店では、デスクトップPCを見かけることすら少ないかもしれません。見かけるのはノートPCと一体型PCばかりです。

何故、BTOメーカーでは周辺機器がセットのものが少ないのか?

BTOメーカーでは、周辺機器はオプションになっていることや、全く付属しない場合があります。

これは何故か?というと、BTOメーカーで初めてのパソコンを購入する人が断然少ないからだと思います。

また、ゲーミングPCなどを購入する人にとっては、ゲーミング仕様ではない、安価なキーボードやマウスは邪魔になる場合もあります。

普段よりメカニカルキーボードやマクロやカスタムキーを搭載したキーボードやマウスを常用していると、簡素でタイピング性能も劣るマウスとキーボードは不要となります。

しかも大体、そういったキーボードやマウスを購入している人は、予備のキーボードやマウスを所持していることの方が多いです。

私自身も自宅にキーボードが3台ほどころがっており、正直邪魔ではあります。昔のパソコンは結構キーボード標準装備のものがあり、付属されてついてきたので、貰ってはありますが、あまり使用しません。

ある意味、無駄なものを付属されるよりも、その分コストを抑えてくれるほうが、2台目以降のパソコンを購入する人には嬉しいですし、ありがたいです。

勿論一台目のパソコンを購入されるであろう、ゲーミングPC以外のデスクトップPCについては、安価なマウスやキーボードを付属(大体\0)するかカスタマイズで選択可能です。

液晶モニターもついてこないので注意しましょう

映像出力として必須の液晶モニターですが、「ゲーミングPCはデスクトップとノートのどちらにすべきか」で解説したように、こちらも付属しないことがほとんどです。液晶モニターは拘ると効果なものになりますし、昔付属していたようなモニターはあまり質の良いものではありませんでした。

更に、現在はセットで購入するとお得なプランがある。というものでない限りは別々に購入した方が安価に済む場合が多いです。

HDMI出力やディスプレイポートが標準装備されている昨今では、単品で4K対応のTVやモニターを購入してしまったほうが安価だとも思えます。

こういったTVですと、大手家電量販店の方が安い場合が多いですし、BTOメーカーでもモニターは購入できますが、大手家電量販店とはりあって価格競争しているBTOメーカーは少ないと思えます。

BTOメーカーでは、本体+周辺機器の金額を忘れない

上記のことを考慮して、ゲーミングPCの購入の際には、周辺機器の購入金額も上乗せすることも忘れないようにしましょう。

モニターに拘り、さらにマウスもキーボードも拘ると+10万円はくだらない場合があります。拘らなくともモニターだけでも結構な1万円以上はすると思いますので、予算には周辺機器の値段も予め組み込んでおきましょう。

G-TuneのゲーミングPCをさらに安く買える!

「G-Tune」と当サイト「G-GEEK」のコラボモデルが登場!なんとG-Tuneで販売されているゲーミングPCよりも8000円以上安いモデルもあります。期間限定なので今すぐチェックすべし!

激安ゲーミングPCの詳細はこちら

SNSでもご購読できます。